FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年6月14日

梅雨に入り、雨の降る日が続いていましたが、今日は中休みでしょうか、温度20℃と気持ちの良い天気です。ビジターさん8名、パークボランティア10名、合計18名のミニ観察会です。
本日のテーマは「植物の化学防衛」です。植物は化学成分を蓄積することで、虫や動物に食べられないようにしたり、カビや細菌から身を守っています。

ドクダミ ドクダミ科 ドクダミ属
虫刺れや蓄膿症など十種の薬効があるため「十薬」とも呼ばれ昔から民間薬としても使われてきました。デカノイルアセトアルデヒドという化学成分を含み強力な殺菌作用(防カビ作用)があります。
ドクダミ VC190614

ホオノキ モクレン科 モクレン属
子供の広場方面への道路を渡ってすぐにあるホオノキは低いところに花が付いているので観察に最適です。開花して1日目に雌しべが熟し花粉を受け入れ、2日目に雌しべが閉じ雄しべが開き花粉を放出し、写真は3日目で雄しべがパラパラと散り始めています。
ホオノキ VC190614

オオバウマノスズクサ ウマノスズクサ科 ウマノスズクサ属
オオバウマノスズクサの葉の裏にジャコウアゲハの卵を2個産み付けていました。幼虫になるとこの毒の葉を食べて毒を体内に蓄積します。天敵の鳥などに食べられないために化学防衛していると言われています。
オオバウマノスズクサ VC190614

花は管楽器のサクソフォンのような形の花を葉腋に1個付けます。今ちょうど花を見ることができます。
オオバウマノスズクサの花 VC190614

エゴノキ エゴノキ科 エゴノキ属
ビジターセンター周辺の多くの場所でエゴノキが見頃です。枝先に白い釣り鐘のような花を沢山付けています。花が落ちているのも多いですがまだまだたくさん見られます。
エゴノキ VC190614

サルナシ マタタビ科 マタタビ属
自然学習路のサルナシにはたくさんの花が付いていました。可憐な白い花はとても美しいです。秋に実が付くのが楽しみです。
サルナシ VC190614

ノアザミ
白百合台園地ではノアザミの群生が見られます。アザミの仲間で春から初夏に花を付けるのはこのノアザミだけです。花から延び出ている雄しべを刺激してみてください。花粉がでてくるはずです。
ノアザミ VC190614

ドロハマキチョッキリの揺籃
花の広場ではイタドリのドロハマキチョッキリの揺籃(オトシブミ)がたくさん観察できました。オトシブミの仲間は卵を産み付けた葉を丸め「ゆりかご」を作ります。
ドロハマキチョッキリ VC190614

イタドリの葉を折り曲げて、カシルリオトシブミが揺籃を作っているのを見つけました。じっと観察していればオトシブミを作るのが見られると思います。
ドロハマキチョッキリ途中 VC190614

季節はあっという間に移り変わり、花や木の実・昆虫も日々様変わりしています。是非この時期しか見られない箱根の自然を存分に楽しんでください。

本日ののトップ10
1.  オオバウマノスズクサ  花
2.  ドクダミ  花
3.  ノアザミ  花
4.  サルナシ  花
5.  コアジサイ  花
6.  エゴノキ  花
7.  クマシデ  実
8.  イヌシデ  実
9.  ドロハマキチョッキリ 虫、揺籃
10. キビタキ  野鳥

箱根PV  高橋
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する