FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

湯坂路自然情報コース 2019年6月3日

 今回は花の端境期でしたが、蝶や小さな昆虫たちが沢山観察できました。仲間の一人にくわしく教えていただきました。コアジサイの花の時期かと思いましたがまだ蕾でした。テンナンショウの仲間もいろいろ見られました。今日は湯坂路を歩くグループに何組も出会いました。尾根道途中でヤマザクラの大木が倒れていました。

アオハムシダマシ (ゴミムシダマシ科アオハムシダマシ亜科)
青、緑、赤、紫に輝く虫で国内で玉虫の次に美しい甲虫と言われています。サンショウバラが好きで箱根ではよく見られるようです。
アオハムシダマシ湯坂路190603

オククルマムグラ   (アカネ科 ヤエムグラ属)
 名前は葉が車状に見えるところからつけられました。丁度花盛りの群落に出会いました。この仲間のキクムグラも観察しました。
オククルマムグラ湯坂路190603

カモガヤ    (イネ科 カモガヤ属)  別名:オーチャドグラス
 出発地の足元にカモガヤが目立ちました。牧草として植えられたものが帰化して各地に広がったようです。カモガヤによる花粉症もあるようです。
カモガヤ湯坂路190603

マユミ     (ニシキギ科 ニソキギ属)
 落葉小高木。葉は対生し柄があります。昨年の枝の葉腋から集散花序の 淡緑白色の小さな花をつけます。材に弾力性があり弓に利用されました。
マユミ湯坂路190603

湯坂路入り口に新しくなった標識
標識湯坂路190603

ハナニガナ   (キク科 ニガナ属)
ニガナやハナニガナが華やかに尾根道を彩っています。やや高地に見られるハナニガナです。舌状花が5~6枚のニガナより花弁が多く8~10枚ですが、混じり合って見られました。
ハナニガナ湯坂路190603

ウマノアシガタ   (キンポウゲ科 キンポウゲ属)
 花の端境期の湯坂路では黄色の花や白い花が見立ちました。根生葉は長い柄があり3深裂ですが変化が多いです。花は光沢のある5弁です。
ウマノアシガタ湯坂路190603

ハンショウヅル    (キンポウゲ科 センニンソウ属)
木本性のつる植物。葉は1回3出複葉ですが椿に絡まりよく見られません。花は葉腋から長い花柄をだし紫褐色の鐘型です。湯坂路では数か所で見られます。
ハンショウズヅル湯坂路190603

ツチアケビ    (ラン科 ツチアケビ属)
 今年も無事に見られました。次回には花が観察できそうで楽しみになります。樹林下に生える腐生植物。花は黄褐色で果実は赤色で下垂し肉質です。
ツチアケビ湯坂路190603

タンナサワフタギ    (ハイノキ科 ハイノキ属)
 6~7年ぶりに満開の花に出会いました。白っぽい樹皮が目立つ落葉低木。花は6~7ミリ程で枝先に集ってつきます。枝が横に広がり沢をふさぐようだとつけられた名前。
タンナサワフタギ湯坂路190603

ミノボロスゲ   (カヤツリグサ科 スゲ属)
 尾根道の踏まれるような場所にたくさん生えていました。叢生し花序は長さ3~5cmで小穂は雌雄性で5~8mm。箱根では多く見られます。
ミノボロスゲ湯坂路190603

ハナイカダ    (ハナイカダ科 ハナイカダ属)
 雌雄異株のハナイカダの雌木に果実が見られました。落葉低木です。葉の真ん中に花がつくところから筏に見立ててつけらました。
ハナイカダ湯坂路190603

イヌザクラ    (バラ科 ウワミズザクラ属)
 5月13日に蕾を確認していましたので残り花に出会えるかと期待していました。高い枝を少し下げてもらい観察できましたがすっかり花弁が落ち若い果実になっていました。
イヌザクラ湯坂路190603

ヤマトウバナ     (シソ科 トウバナ属)
 木陰に生える多年草。草丈は10~20cm。茎にはちじれた毛があります。花は茎の上部に付き、上弁は浅く二裂し花弁は3裂して白色です。千条の滝近くにカントウミヤマカタバミの葉に紛れて咲いていました。
ヤマトウバナ湯坂路190603

《本日のトップテン》
①アオハムシダマシ(昆虫)
②サンコウチョウ(野鳥、囀り)
③タンナサワフタギ(満開)
④ハナニガナ(満開)
⑤コアジサイ(花)
⑥ムラサキマムシグサ(花)
⑦ヤマツツジ(花)
⑧ハンショウヅル(花)
⑨ヤマトウバナ(花)
⑩ニシキウツギ(花)

箱根PV 山本

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する