FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

芦ノ湖東岸自然情報コース 2019年95月25日(土)

5月とは思えない厳しい暑さが続いています。
出発時のVCの気温は26℃。
本日のPV参加者は6名、ビジターさん1名の計7名です。
素晴らしい天候に誘われて、先月に引き続き駒ヶ岳へ登りました。

先ずは、東岸セラピー・ロード(旧神山通り)で植物観察。
その後、駒ヶ岳山頂で遅めの昼食をとり植物とジオサイトの観察を
致しました。
雄大な景色を眺めながらの昼食は気分爽快!
眼下に芦ノ湖、遠方には相模湾&駿河湾。
緑の外輪山、愛鷹連峰、沼津アルプス、そして、勿論、富士山も!
日差しは強いものの気温は16℃と爽やかでした。


全般的に、植物は春から夏の花への端境期でしょうか?
夏を告げるミズキが満開。
マルバウツギやミツバウツギはもう少しというところです。
春の花スミレも、遅咲きスミレとは言え、コミヤマスミレの
残り花を確認できました。

この時期はイネ科やカヤツリグサ科の植物が盛んです。
しっかり観察すると、とても魅力的な植物です。

帰りがけ、箱根園でミニブタに出会いました。
人懐こくて賢く愛嬌者のミニブタ「メリーちゃん」は、きっと
来園者の人気者となることでしょう。

*~*~*~*~*~*~*~*

【駒が岳ロープウエイ山麓駅に設置されたジオパーク案内板】

箱根ジオパーク推進協議会では、箱根ジオサイト49カ所のうち
31カ所に躯体や板面のデザインを統一した箱根ジオパーク
仕様の野外解説版を設置しています。また、観光や歴史等既存
の解説版のあるジオサイトにはプレート貼付作業を行い、ジオ
サイトであることがわかるようになっています。現在、金時山の
案内板を検討中で近々金時駐車場に設置される予定です。

各エリアの中心地区に設置している総合案内版及びジオサイト
に設置している野外解説版は、ジオパークとしての視点で観光
を楽しめるように適切に維持管理を行っているそうです。
駒ヶ岳ジオ看板


【駒ヶ岳山頂】


①富士山眺望
富士眺望


②観察中
P5250105.jpg


③コウグイスカグラ(スイカズラ科 スイカズラ属)
日本固有種。落葉低木で高山に生育します。
4~5月に対をなすクリーム色の花をつけます。
紅色の果実は大変可愛らしい。
葉の両面は有毛です。
コツクバネウツギ20190525_06


④メギ(メギ科 メギ属)
落葉低木。日本固有種。
別名「コトリトマラズ」の名前の通り、枝には鋭いトゲが多くあり
ます。
花は黄緑色で目立たないですが、秋には真っ赤な果実をつけます。
メギとは漢字で書くと目木。
葉や木部を煎じて洗眼薬にしたのが名の由来です。
メギ20190525_01


⑤外輪山 明神ガ岳・明星ガ岳方面を望む
個人的に大好きなジオサイトのひとつです。
この景色の中に、沢山の魅力が詰まっています。
小さく見にくいですが、明星が岳に「大文字」と「ひょうたん」が
写っています。
明神方面眺望


【東岸】

ミミナグサ(ナデシコ科 ミミナグサ属)
日本固有種。越年草。
全体に短毛があります。葉をネズミの耳に例えたのが名の由来です。
写真の葉を見てもわかるように、まさに、的を得た命名ですね。
よく似たオランダミミナグサは外来種です。
ミミナグサはオランダミミナグサに押され気味で、市街地では
あまり見られなくなっています。
ミミナグサ20190525_01


ハイキンポウゲ(キンポウゲ科 キンポウゲ属)
外来種。
ウマノアシガタ(キンポウゲ)に大変よく似ていますが、比べると
全体に大型です。大変に華やかな花で見応え十分ですが繁殖力
旺盛で、国内でも牧草地などで勢力を拡大しています。 
ランナーをのばし繁殖します。
箱根では、芦の湯でも見られます。
ハイキンポウゲ20190525_03

ハイキンポウゲ20190525_04


ツルカノコソウ (ナデシコ科 カノコソウ属)
山地の湿り気のある地を好む多年草。
花が絞りカノコの模様に似ているのが命名の由来です。
花が終わると細いランナー(ツル)をのばし、先端に新苗を
つくります。
ツルカノコソウ20190525_07


カラスビシャク (サトイモ科 ハンゲ属)
多年草。
日本全国の畑地等で普通に見られます。
仏炎苞をひしゃくに見立てたのが名の由来です。
ユニークな植物です。
カラスビシャク120190525_02


ウマノアシガタ (キンポウゲ科 キンポウゲ属)
多年草。外来種。
根生葉を馬のひずめにみたてての命名と言われています。
光沢ある花は陽に映え美しいです。
ウマノアシガタ20190525_01


【箱根園】

お散歩中のミニブタ「メリーちゃん」!

箱根園のバス停でバスを待っていた時のこと、
飼育員さんと元気に走ってきてくれました。
お利巧なミニブタさんは、きっとズーランドの人気者となるでしょう。
ミニブタメリーちゃん20190525_02
 
TOP10
後日 記載します。

(PV藤城)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する