FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年5月24日

9時30分気温22℃と初夏のような箱根です。ビジターセンター周辺も初夏の花に変わりつつあります。本日はビジターさん10名に参加いただき、パークボランティア7名、合計17名のミニ観察会です。本日のテーマは「白い花」です。

日本の野生種の花のうち、白い花は約32%を占めるそうです。白い花は人間の目には地味ですが、紫外線が見える虫の目で見ると派手に見える部分があるようです。受粉を昆虫に依存する植物は、昆虫が来てくれる確率の高い白い花を咲かせるよう進化してきたのだと思われます。

ヤブデマリ スイカズラ科 ガマズミ属
白い花で、ビジターセンター周辺の初夏を代表する花は、ヤブデマリです。ヤブデマリの咲き誇る姿には毎年感動します!
甲虫、ハチ、アブなどが蜜を吸いに来ますが、彼らは白い装飾花を椅子みたいに座って花の蜜を吸うそうです。
ヤブデマリ VC190524

サンショウバラ バラ科 バラ属
毎年、ヤブデマリとサンショウバラの二つの花を観ると、箱根が春から初夏に変わっていくのを感じます。本日は、サンショウバラはまだ蕾でした。でももうすぐにも咲きそうです!
サンショウバラ VC190524

ハルジオン キク科 アズマギク属
北アメリカ原産の帰化植物です。大正時代に観賞用に持ち込まれたものが野生化しました。牧野富三郎氏の命名で、春に咲く紫苑という意味です。花全体は上向きなので、飛行の下手な甲虫が止まりやすいです。
ハルジオン VC190524

ホオノキ モクレン科 モクレン属
大きな葉と大きな花で存在感が抜群の花です。ホオノキは1つの花に雄しべと雌しべがある両性花なので、自らの花粉によって受精しないような工夫を行っています。開花と同時に雌しべが熟し反りかえり花粉を受け入れます。2日目はめしべが閉じ、雄しべが開き花粉を放出します。3日目は雄しべがパラパラと散り始めます。花の命は短く数日で茶色く変色してしまいます。
ホオノキ VC190524

ナナカマド バラ科 ナナカマド属
自然学習路では、ナナカマドが見頃を迎えています。枝先に多数の白い花を付けて咲いています。
ナナカマド VC190524

サワフタギ ハイノキ科 ハイノキ属
箱根レイクホテル近くのサワフタギの花はまだ蕾でしたが、もうすぐ白い花を咲かせそうです。秋には美しい藍色の実をつけます。楽しみです!
サワフタギ VC190524

ケヤキハフクロフシ 
今年も花の広場のケヤキの葉に沢山のこぶが付いています。これはケヤキハフクロフシという虫えい(虫こぶ)です。アブラムシの一種(ケヤキヒトスジワタムシの幹母)がケヤキの葉にもぐりこんで作ったものです。虫えい内で幹母は翅が生える仔虫を産み、成長した有翅虫たちは初夏には虫えいから脱出してササ類に移住します。
ケヤキハフクロフシ VC190524

本日のトップ10
1.  ヤブデマリ  花
2.  ホオノキ  花
3.  ナナカマド  花
4.  サワフタギ  蕾
5.  ハルジオン  花
6.  サラサドウダン  花
7.  シロツメクサ  花
8.  ヒメアシナガコガネ  昆虫
9.  オナガ  野鳥
10. ケヤキハフクロフシ  虫えい

箱根PV  高橋

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する