FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

大涌谷(姥子往復)2019年5月18日(土)

さわやかに晴れ、10時の気温は14℃。自然観察に心地良い日和です。
早朝に一雨あったようで、少しぬかるんだ道を足元に気を付けて歩きながらも、草花は雨露でみずみずしく、緑がいっそう美しく感じられました。

船見岩から大涌谷方面の眺望
舟見岩からの眺望
今日は普段よりも、大涌谷の噴煙が多く見えました。

クルマムグラ(アカネ科)
クルマムグラ
金太郎岩展望台から姥子駅に向かう道で見られます。
葉をちぎって揉むと、桜餅のような匂いがします。

ズミ(バラ科)
ズミ
白い花が盛りで、たくさんの虫が集まっていました。
秋に小さな赤い実がなるので、別名でコナシ、コリンゴとも呼ばれます。

ツクバネソウ(ユリ科)
ツクバネソウ
1本の茎の先に葉が輪になってつき、さらにその先に緑色の花が咲きます。
雌しべの付け根が膨らんで実になると、羽根つきの羽根に似ていることから、この名前がつきました。

ミズナラ(ブナ科)
ミズナラ
明るい緑色の新葉の下に、雄花序がぶら下がっています。
雌花は、新葉の付け根辺りから上向きにつきます。

サラサドウダン(ツツジ科)
サラサドウダン
花は縦筋の模様が美しく、細工された飾りのようです。
この模様が染物の「更紗」に似ていて、名前の由来になったと言われています。

スノキ(ツツジ科)
スノキ
小さな釣鐘形の花が、葉の下に隠れるように咲いています。
葉には「シュウ酸」という成分が含まれていて、かむと酸っぱい味がします。

ヒメウワバミソウ(イラクサ科)
ヒメウワバミソウ
つぼみが多くまだ咲き始めですが、白っぽい透き通るような花が印象的です。

ギンリョウソウ(ツツジ科)
ギンリョウソウ
落ち葉の隙間から、ひっそりと頭を出していました。
葉緑素を持っていないため、全体が白い蝋のようです。

コバノフユイチゴ(バラ科)
コバノフユイチゴ
名前は「フユイチゴ」ですが、夏に実がつきます。
深い緑色の葉と、真っ白な花のコントラストが目を引きます。


本日のトップ10
1. スノキ
2. サラサドウダン
3. ズミ
4. クルマムグラ
5. ツクバネソウ
6. ホウチャクソウ
7. ギンリョウソウ
8. コバノフユイチゴ
9. キンモンガ(昆虫)
10. センチコガネ(昆虫)

箱根PV 石塚
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する