FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

湯坂路自然情報コース 2019年4月22日

 今回は次回観察予定日との間があり、春の花が観察できないのではないかと参加できる人のみの少人数にて歩きました。尾根道では驚くほどタチツボスミレが今を盛りと咲きあふれ足元にはセンボヤリが見られました。マメザクラ、ヤマザクラ、オオシマザクラなど花があふれていました。

クサボケ (バラ科 ボケ属)  別名: シドミ
 前回歩いた4月1日は草に埋もれて2~3輪ほどでしたが今日は尾根道の両側に赤い花が咲き続いていました。
クサボケ湯坂路190422

イヌシダ      (コバノイシカグマ科 コバノイシカグマ属)  
 イヌシダも新しい芽を出して柔らかな毛に覆われています。次回はしっかり葉に展開してるのでしょう。この時期、胞子葉は直立し、栄養葉は横に垂れているのが良く観察できます。
イヌシダ湯坂路190422

タチツボスミレ  (スミレ科 タチツボスミレ類)
 尾根道の両側に咲き続いて驚きでした。幾度も歩いている道ですがこれほど多くの花が咲いていたのは初めてです。どこでも見られるスミレで親しみがあります。
タチツボスミレ湯坂路190422

 ニオイタチツボスミレ  (スミレ科 タチツボスミレ類)
 臭いの名前のついているように良い香りがします。花色の濃紫色が目立ち花の中心部が白く目立ちます。タチツボスミレとニオイタチツボスミレの雑種のマルバタチツボスミレも見ました。
ニオイタチバナスミレ湯坂路190422

エイザンスミレ  (スミレ科 ミヤマスミレ類)
 名前は比叡山にて発見されたからと言われています。葉は3裂していますが夏場になると大きくなり驚きます。側弁の基部に毛があり距が太いです。樹林下に見られました。
エイザンスミレ湯坂路190422

フモトスミレ  (スミレ科 ミヤマスミレ類) 
 いつも群落が見られる場所は少し時期が早かったのかまばらに咲いているだけでした。葉裏は赤紫色で距は短く赤紫色をしています。
フモトスミレ湯坂路190422

アケボノスミレ  (スミレ科 スミレサイシン類)
 花の色から曙の空になぞらえてつけられた名前のようです。葉は花よりもやや遅く出るために丸まって見られます。距は丸く太く、葉の裏面はやや赤みを帯びています。
アケボノスミレ湯坂路190422

マメザクラ   (バラ科 サクラ属)
 落葉小高木でフオッサ、マグナ要素の植物と言われています。葉と同時に小さな花を下向きに付けます。花の色は白っぽいものからかなり濃いピンク色まで見られます。八重の花も見られます。
マメザクラ湯坂路190422

シロバナエゾスミレ  (スミレ科 ミヤマスミレ類)
 千条の滝に向かう山道沿いに数株見られました。エイザンスミレの白花です。
シロバナエゾスミレ湯坂路190422

クマシデ   (カバノキ科 クマシデ属)
 秋に果実を観察した木に近づき観察しました。
葉の縁には鋸歯があり、側脈は24対ほどで多い。雌雄同株で雄花序、雌花序とも尾状に下垂しています。
クマシデ湯坂路190422

フデリンドウ   (リンドウ科 リンドウ属)
 お天気が良く花が開いていました。蕾を筆になぞらえてつけられた名前。
フデリンドウ湯坂路190422

箱根の山肌に桜がパッチワークのように彩っています。
山肌湯坂路190422

本日のトップ10
1、タチツボスミレ
2、ニオイタチツボスミレ
3、アケボノスミレ
4、エイザンスミレ
5、フモトスミレ
6、マメザクラ
7、ヤマザクラ
8、オオシマザクラ
9、アカネスミレ
10、センボンヤリ

箱根PV  山本
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する