FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

【芦ノ湖西岸】4月17日自然情報収集

今回は3名での自然情報収集となりました。
気温は8度とやや肌寒く、日差しもなかったので、上着が必須でした。

8:50箱根町港、富士山はくっきりと見えていました。
箱根町港2019.4.西岸
オオバン2019.04.西岸

オオバンよ、まだいたのか・・・
ツバメはもう来ているのにいつまで居座っているんだい?

そんなこと思いながら出発。
前半はタチツボスミレ街道、中盤はナガバノスミレサイシン街道、後半はまたタチツボスミレ街道でした。
ところどころにエイザンスミレ、ヤマルリソウ、オカトラノオ、トウゴクサバノオ、木の花はキブシ、クロモジ、アブラチャン、マメザクラといったあたりが花盛りでした。カントウミヤマカタバミは日が出ていないためか、花が閉じていました。


水場の近くでは、ヨゴレネコノメ、ハナネコノメ、チャルメルソウ。
今回もニホンリスの落下巣を発見回収。

ハコネシロカネソウは2輪ほど咲きかけていました。
ハコネシロカネソウ西岸2019.04.


鳥の方は、ガビチョウ、ソウシチョウ、カケス、ウグイス、ヤマガラ、シジュウカラ、ミソサザイの囀り、
姿は、トビ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、ヒヨドリ、アオサギ、ダイサギ、コジュケイ、ホオジロ、キジバト、ツグミでしょうか。

スミレの季節ですので、その他見られたものは、歯の裏が紫のフモトスミレ、マルバスミレでした。

先月と変わって花盛りで、春の訪れを感じた自然情報収集でした。


トップ10
①ナガバノスミレサイシン・・・スミレ科
ナガバノスミレサイシン西岸2019.04.

②エイザンスミレ・・・スミレ科
エイザンスミレ2019.04.西岸
③ヤマルリソウ
④チャルメルソウ
⑤エンレイソウ・・・シュロソウ科
エンレイソウ
⑥ハナネコノメ
⑦ツルカノソウ
⑧アブラチャン・・・クスノキ科
アブラチャン2019.04.西岸
⑨ミツマタ・・・ジンチョウゲ科
ミツマタ201904西岸

⑩ビロードツリアブ

箱根PV段
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する