FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

今年度最終自然情報    2019年3月23日(土)


今日の自然情報は今年度最後、そして本年最初の自然情報日でした。
参加者はPV6名。
心配していた天候も私達に味方してくれ、傘をささずに歩く事ができた
ものの、気温は低くVC前の温度計は1・5℃をさす寒い一日でした。

春まだ浅い箱根で、現在見られる植物の主役の一つはネコノメソウ属。
今回は4種類を観察することができました。
(ハナネコノメ、ムカゴネコノメソウ、ヤマネコノメソウ、
ヨゴレネコノメ)

スミレ類はタチツボスミレ、エイザンスミレ、ヒナスミレの3種類を観察。

その他はキブシ、アセビ、ヤマブキ、カキドオシ等々。

日毎に暖かくなる昨今、来月はどんな草花に出会えるでしょうか。

 🌺~✾~🌺~✾~🌺

タチツボスミレ(スミレ科)
マンジュリカと並んで日本を代表するスミレ。
花の色は白っぽいものからうす紫まで色々あります。
托葉が櫛の歯状に切れ込むのが特徴です。
スミレ


シカ食害
冬休みを終えて3か月ぶりに歩いた東岸のシカの食害は
進んでいました。山側はいうに及ばず、九頭龍の森側の
有刺鉄線に沿ってのアオキは見るも無残な姿です。
アオキ
九頭龍の森側

アオキ
山側
アオキ
山側

苔むした岩にヤマネコノメソウ(ユキノシタ科)
瑞々しい緑は美しく、心が洗われるようです。
ヤマネコノメソウ


カンスゲ(カヤツリグサ科)
葉はとてもかたく手を切る程にざらつきます。
花は3月末~四月に咲き、花穂は葉より上に出ず
葉の間から姿を見せます。
先端には褐色で細長い紡錘型の雄小穂がつき、
それより下の花茎から数個の雌花序がでます。
カンスゲ

ジャゴケ(ジャゴケ科)の胞子体
不思議なコケの世界です。
雌雄異株で、雌器托は葉状体の先端にできドーム型
をしています。2~3月頃になると雌器托の柄が急速
に伸長し、器托の下から黒褐色の胞子体を出します。
コケ胞子


ハルトラノオ(タデ科)
花茎の先端に花穂を出し白色の花をつけます。
花弁はなく萼は五深裂し雄しべは八個つき赤い葯が
目立ちます。名前の由来は、このブラシ状の花穂を
虎の尾にみたてたものです。
春ネコノメ


ムカゴネコノメソウ(ユキノシタ科)
フォッサマグナ要素の植物です。
花後にランナーをだし先端に零余子をつくるので
この名があります。
ムカゴネコノメソウ


シキミ(シキミ科)
日本では唯一「毒物・劇物取締法」に指定されている
猛毒植物です。花は透き通るような清楚な白。
シキミは仏事に使われ、神事にはサカキが使用されます。
10年近くも歩いている東岸でシキミの花を見かけたのは
今年が初めてですが、よくよく見れば大木を始めとして、
ところどころに生えています。
シキミ

ハナネコノメ(ユキノシタ科)
ハナネコノメの萼裂片は白色でまるみがあり先は尖りません。
雄しべは長く葯は暗紅色です。
ハナネコノメ


観察中♪
枯れ葉しか見えない斜面でもよ~く見ると、スプリング・エフェメラルが
そっと顔を覗かせています。
観察中

桃源台「ホテル・はなをり」の芦ノ湖側に新看板がたちました。
新看板


新型海賊船 「クイーン芦ノ湖」 (QUEEN ASHINOKO)
7代目の海賊船で4月25日就航予定だそうです。
コンセプトは心ときめくクルーズ。
九州の豪華寝台列車「ななつ星」を手がけた水戸岡氏が
デザインし、船首には女神像を描いているそうです。
新船

今月のトップ10
1、ハルトラノオ
2、ハナネコノメ
3、セントウソウ
4、シキミ
5、オニシバリ
6、ジャゴケ
7、コチャルメルソウ
8、エイザンスミレ
9、ムカゴネコノメソウ
10、カンスゲ

 担当  PV藤城
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する