FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年3月22日

本年度最終の観察会です。朝から晴れて気温13℃、春がようやく訪れたかのような箱根です。ビジターさん18名(内初めて参加7名)、パークボランティア10名、合計28名のミニ観察会です。本日のテーマは「フサザクラ、ニワトコ、バッコヤナギ、フキ」です。
毎年楽しみにしている、箱根に春を告げる花々を観察します。

アセビ ツツジ科 アセビ属
ビジターセンター周辺園地のいたるところで今咲き誇っているのがアセビです。春に、白やピンクの小さい壺型の花をいっぱいつけます。
アセビ VC190322

フキ キク科 フキ属
フキもあちらこちらに出て来ています。フキは地下茎で増えるのでかたまって見られます。
雌雄異株です。雄花は頭花が黄色っぽく筒状花です。
フキ雄花 VC190322

雌株は頭花が白っぽいです。白い糸状の多数の雌花の中に雄花と同じ形の両性花が数個混じります。
フキ雌株2 VC190322

ニワトコ スイカズラ科 ニワトコ属
ニワトコは芽鱗を押し開いて昆芽がダイナミックに躍り出てきています。
ニワトコ1 VC190322

バッコヤナギ ヤナギ科 ヤナギ属
バッコヤナギは早春に芽鱗を脱いだばかりの花序が大きく銀白色に輝いてよく目立ちます。雌雄異株です。雄花序は楕円形です。葯(やく)が黄色になってきているのが見えるでしょうか。
バッコヤナギ VC190322

フサザクラ フサザクラ科 フサザクラ属
フサザクラは、バッコヤナギと道路をはさんだ、反対側にあります。このフサザクラは毎年3月第4金曜日の観察会の時に観察できます。束ねた線香花火のような不思議な花です。赤いのは雄しべの葯(やく)です。
フサザクラ VC190322

キタテハ チョウ目 タテハチョウ科
春のような暖かさで、ビロードツリアブ、アカタテハ、キタテハなどの昆虫も出始めていました。春はそこまで来ています!
キタテハ VC190322

本日のトップ10
1.  フサザクラ
2.  ニワトコ
3.  バッコヤナギ
4.  フキ
5.  アセビ
6.  オオバヤシャブシ
7.  ビロードツリアブ  昆虫
8.  キタテハ  昆虫
9.  ウソ  野鳥
10. キジ  野鳥

箱根PV 高橋
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する