FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2019年2月22日

例年なら2月は雪が降り、薄化粧の中での観察会なのですが、今年は雪もなく、途中から暑いぐらいの日差しとなりました。ビジターさん6名、パークボランティア15名、合計21名のミニ観察会でした。
本日のテーマは「VC周辺のアトリ科鳥たち」です。アトリ科の鳥は、冬鳥が多く、そろそろ旅立ちの時を迎えようとしています。

花の広場にイノシシの糞がありました。糞の表面には実の殻らしきものが付いており、中には土や根っこなどが混じっていました。
イノシシ糞 VC190222

オニシバリ ジンチョウゲ科 ジンチョウゲ属
箱根に春を告げる花、オニシバリの雄花が開花していました。ほぼ平年並みの開花時期です。すぐ側にある雌花はまだ蕾でした。
オニシバリ VC190222

フキ キク科 フキ属
こちらも春を告げるフキ(フキノトウ)が顔を出していました。花茎を包んでいた葉(苞)が開き始めています。春はそこまで来ています。
フキノトウ VC190222

イカル アトリ科
芦ノ湖キャンプ村にはイカルが群れで来ていました。大きな黄色いくちばしが目立ちます。この季節は周りの木の枝が落ちて良く見えます。
イカル6 VC190222

ツグミもイカルと一緒並んで留まっていました。
イカルとツグミ VC190222

ツグミ ツグミ科
芦ノ湖キャンプ村にはツグミが土に降りてきて何かをついばんでいます。
ツグミ VC190222

キャンプ村の木の枝に大きな鳥の巣があります。カラスの巣と思われますが、外観でははっきり断定できません。
カラスの巣 VC190222

白百合台にはヤドリギの実がまだ残っていました。甘くて粘り気のあるこの実はレンジャク類の大好物です。
ヤドリギ VC190222

キヅタの実のように見えますが、これはキヅタツボミフクレフシという虫えい(虫こぶ)です。中にはタマバエの幼虫が入っています。自然の不思議な生態と生命力を感じます。
キヅタツボフクレフシ VC190222

本日観察できたアトリ科の鳥はイカルだけでしたが、その他、ムクドリ、シロハラ、カシラダカ、シジュウカラなど多くの鳥の姿が観察できました。

本日のトップ10
1.  イカル
2.  ツグミ
3.  キンクロハジロ
4.  ムクドリ
5.  オニシバリ 花
6.  ヒイラギナンテン  花
7.  ヤドリギ  実
8.  フキ 蕾(フキノトウ)
9.  キヅタツボミフクレフシ  虫えい
10. アオキミフクレフシ  虫えい

箱根PV 高橋

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する