FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2019年2月14日

 落葉広葉樹はすっかり葉を落とし、公時神社から見る金時山は全体がよく見えます。その中で常緑広葉樹のイヌツゲ、アセビは今が盛りと誇らしげに見えました。公時神社周辺ではアオキ、カンスゲ、ミヤマカンスゲ、クマザサが目立ちました。アオキ、クマザサはシカが食べた痕がはっきり分かります。最近はアオキの食痕が増え、またクマザサも食べている様です。クマザサは地上からシカが食べられる高さの葉までが食べ尽くされ、境目は線を引いたように見えました。
 登りはじめは雪がぱらつく程度でしたが頂上に近くになると激しく降ってきました。頂上でカヤクグリが出て来て、寒さで凍える我々を癒やしてくれました。フレンドリーで我々に近づいてきました。どうも餌をねだっているようです。小屋の残飯、登山者が落とした食べ物で餌のない冬場をしのいでいるのかも知れません。

新しくなった標識
標識が新しくなっていました。柱が地面と接する部分には銅が巻いてありました。また、金時山にはトイレがあることが表示されていました。
標識金時190214ブ

分岐点で見えた大涌谷方面
曇りでガスがかかって芦ノ湖が見えませんでした。
芦ノ湖方面金時190214ブ

薄く積雪した登山道
登りはじめは時々粉雪が舞っていましたが、頂上では雪が激しく降ってきました。
雪の登山道金時190214ブ

イヌツゲ
落葉樹は葉を落としているので常緑樹のイヌツゲは目立ちます。
イヌツゲ金時190214ブ

イワカガミの葉
葉は地面にはって、寒さから身を守っているように見えます。
イワカガミ金時190214ブ

キッコウハグマの葉
落ち葉の布団で寒さをしのいでいるように見えます。
キッコウハグマ金時190214ブ

シロヤシオ
冬芽もありましたが、果実も残っていました。
シロヤシオ金時190214ブ

カヤクグリ
頂上で出会いました。人に対しての警戒感がなくフレンドリーで近づいて来ました。小屋の残飯、登山者が落とした食べ物を食べているのでしょうか。
カヤクグリ金時190214ブ

シカの食痕
アオキをよく食べますが、ササも食べます。地上からシカが食べられる高さの葉が食べ尽くされていました。境目は線を引いたように見えるのでディアラインと言います。
ディアライン金時190214ブ

本日のトップ10
1.薄く積雪した登山道
2. ツルシキミ
3. ヤドリギ
4. ミツマタ
5. シロヤシオ
6. イヌツゲ
7. キッコウハグマ
8. カヤクグリ
9. エナガ
10. シカの食痕

箱根PV 原田



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する