FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺)2019年1月11日

2019年初回のミニ観察会。今日のテーマは、芦ノ湖へ飛来するガン・カモ類の実態把握である。温暖化の影響か気温3℃。風も弱く陽射しが暖かい。ビジター9名・パークボランティア14名にVC職員1名が加わり、桃源台から芦ノ湖キャンプ場、そして湖尻水門までの湖岸を巡りガン・カモ類の状態を観察する。

湖岸からの観察風景
観察風景
芦ノ湖で観察できるガン・カモ類のなかでもマガモ、コガモ、カルガモなどの水面採餌性のカモの減少が著しいとの調査例もあり、本日の状況が気になるところである。

ヒドリガモ(カモ目カモ科)
ヒドリガモ
海岸、内湾、湖沼、河川などに冬鳥として飛来して、水辺近くの草地でよく青草を食べる。水面に浮かぶ植物を水面採餌する。この日に観察できた水面採餌性のカモは、唯一ヒドリガモ(雄1羽・雌3羽)だけで、昨年度の観察会と比較するとあまりの少なさに一抹の寂しさを感じた。

キンクロハジロ(カモ目カモ科)
キンクロハジロ-1
内湾、港、湖沼、池、河川などに冬鳥として飛来して、日中は休息し、夜間に行動することが多い。貝やカニ、水草などを潜水採餌する。この日は、潜水採餌性のカモの数も少なく、キンクロハジロは2羽確認できたが、休息している様子はなく、沖に向かってまっしぐらに泳いで行った。

ホシハジロ(カモ目カモ科)
ホシハジロ
内湾、港、湖沼、池、河川などに冬鳥として飛来して、群れで行動することが多く淡水域にもよく入る。動物質、植物質のどちらもよく食べる。貝やカニ、水草などを潜水採餌する。双眼鏡で湖を見渡して、やっと2羽が確認できた。昨年度の観察では、キンクロハジロと混群となって水面で休息する姿も見られたが、潜水採餌性のカモの減少も気になるところである。

カイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)
カイツブリ
湖沼や流れの緩い河川にすみ、北日本では冬に暖地へ移動する。魚類や水生昆虫などを潜水採餌する。1羽のカイツブリが、湖岸からやっと目視で確認できる距離で、愛嬌のある姿を波に漂わせていた。人の話声や足音で気配を感じたのか、沖に向かって逃げて行った。

カンムリカイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)
カンムリカイツブリ-1
一部を除き、広い湖沼や河口、湾などに冬鳥として飛来する。魚類や水生昆虫、両生類、水草なども潜水採餌する。1羽のカンムリカイツブリを湖岸から双眼鏡で判別できる距離で見つけることができた。食事の最中だったのか頻繁に潜水を繰り返していたが、やはり沖に向かって去っていった。

オオバン(ツル目クイナ科)
オオバン
湖沼や湿原、水田などに生息してよく泳ぐ。水草や根、昆虫類の幼虫などを潜水採餌する。昭和60年に発行された「箱根の鳥」では、殆んど稀にしか見られなかったと記されているが、本日の観察では一番に数多く、湖面を見渡すと10羽程度が観察できた。

オオバンと遊覧船
オオバンと遊覧船-1
人間の気配で湖岸から沖へと去っていく水鳥の中で、唯一、湖岸近くで泳ぐ3羽オオバンの姿に愛着を感じながら湖面を見渡すと、はるか沖に2隻の遊覧船が湖面を進んでくる。人間の気配で沖に去って行った水鳥たちは、今度はどこに向かって逃げていくのか。芦ノ湖へ飛来するガン・カモ類の実態と大きな課題を知ることができたような気がする観察会であった。

ミサゴ(タカ目ミサゴ科)
ミサゴ
芦ノ湖でのガン・カモ類の観察状況は上記のとおりであったが、上空では、芦ノ湖の魚影をさがしてミサゴが旋回していた。このミサゴは、海岸や大きな湖沼、河川にすみ、急降下して魚を足でつかむという。わずかな時間であったが参加者全員が、ミサゴの飛翔に釘付けになり、真っ青な空を仰いでいた。

トップ10
1.ヒドリガモ(水辺の野鳥)
2.キンクロハジロ(水辺の野鳥)
3.ホシハジロ(水辺の野鳥)
4.カンムリカイツブリ(水辺の野鳥)
5.ミサゴ(水辺の野鳥)
6.エナガ(山野の野鳥)
7.シメ(山野の野鳥)
8.アオキ(果実)
9.ガマズミ(果実)
10.ウスタビガの繭(昆虫)

箱根PV 小川(治)・谷上
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する