FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2018年11月23日

秋も終わりに近づき、やや寒いですが、晴れて気持ちのいい箱根です。ビジターさん12名に参加いただき、パークボランティア5名、合計17名のミニ観察会を開催しました。

本日のテーマは「ニシキギ科の植物」です。
ニシキギ科の植物は、花は黄緑色で小さく目立たないですが、果実は熟すと裂開し、赤い仮種皮に包まれた種子が顔を出すものが多いです。

ニシキギ (ニシキギ科)
葉は落ちていましたが、秋の美しい紅葉を錦に例えたのが名前の由来です。果実の上のベレー帽のような果皮が2つに裂けて種子が出て来ます。朱赤の仮種皮に包まれた中には小さな白い種があります。
ニシキギ VC181123

マユミ (ニシキギ科)
今年の箱根は、マユミの果実が豊富です。マユミの果実は淡紅色で4裂します。
マユミ VC181123

ツルウメモドキ (ニシキギ科)
黄色い果皮が3つに裂けて反り返り、橙赤色の仮種皮に包まれた種子が顔を出します。黄色と朱赤の対比が美しく、実が付いた枝は生け花やリースに用いられます。
ツルウメモドキ2 VC181123

ツルマサキ (ニシキギ科)
常緑つる植物のツルマサキもニシキギ科です。果実はよく似ています。枝の各所から気根を出して絡みつき樹上によじ登ります。鳥はこの実も大好きです。
ツルマサキ VC181123

ムラサキシキブ (クマツヅラ科)
名前のように紫色の実が美しいです。葉が落ちていっそう実が輝いて見えます。小粒な実は小さな鳥の口にもたやすく入ります。
ムラサキシキブ VC181123

コアジサイ (ユキノシタ科)
初夏に白い花を付けていたコアジサイが、今はひっそりと黄葉となり、とても美しいです。
コアジサイ VC181123

オオモミジ (カエデ科)
ビジターセンター周辺の園地では、今いたる所でオオモミジの紅葉・黄葉が盛りです。この秋最後の紅葉を楽しんでください。
オオモミジ1 VC181123

オオモミジ2 VC181123

メジロの巣
自然学習路でメジロの巣を見つけました。枝の二又に作ります。もう子育ては終わっているので空の巣です。
メジロの巣 VC181123

本日のトップ10
1.  ムラサキシキブ  果実
2.  ツルウメモドキ  果実
3.  マユミ  果実
4.  ツルリンドウ  果実
5.  ニシキギ  果実
6.  ツルマサキ  果実
7.  サルトリイバラ  果実
8.  スイカズラ  果実
9.  コアジサイ  黄葉
10. オオモミジ  紅葉・黄葉

箱根PV 高橋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad