FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

大涌谷(姥子往復)2018年11月17日(土)

数日前の雨予報が好転(好天)し、暖かな秋晴れの1日になりました。歩くと身体が温かくなり、とても11月中旬とは思えない気候です。植物たちは秋の実りを誇らしげに晒している一方、今にも花を咲かせ葉を広げそうな木々があります。季節の移ろいに追いつくのが大変なのは、人間も植物も同じと感じます。

日当たりのいい船見岩近くのマメザクラ(バラ科)が数輪開花しました。他にもリョウブ(リョウブ科)が今にも開花しそうです。
マメザクラ大涌谷

暖かいのがお気に召したのかキジ(キジ科)の親子に出会いました。少し離れては低い小さな声でお互いの位置を確認していました。
キジ大涌谷

ヒガラ(シジュウカラ科)がクロマツ(マツ科)の木の間を飛びながら、実をついばんでいました。
ヒガラ大涌谷

低い姿勢で熱心に観察していたメンバーのリュックに、ザトウムシが上がってきました。
ザトウムシ大涌谷


森の中に赤く輝くのはツルリンドウ(リンドウ科)の実です。今年は豊作です。
ツルリンドウ大涌谷

ミヤマイボタ(モクセイ科)の実も豊作です。
ミヤマイボタ大涌谷

これはほのかにさす太陽を浴びて結実したムラサキシキブ(シソ科)の実です。
ムラサキシキブ大涌谷

季節の終わりに咲くリュウノウギク(キク科)です。ここは毎年見事な株で咲いています。
リュウノウギク大涌谷

今年のモミジの紅葉は台風や秋口の気温のためでしょうか、全体的に不揃いですが、木によって見事に赤や黄色になっています。
コミネカエデ大涌谷

箱根PV 青山
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad