FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2018年11月8日

公時神社から見た金時山の山肌は赤や黄色に染まり、青空は赤や黄色を引き立てていました。7種類のモミジ、カエデの紅葉を見ることが出来ました。その中でコミネカエデは深紅の鮮やさは抜群でした。金時山を登った人のご褒美でしょう。モミジ、カエデの他にナナカマド、オトコヨウゾメ、ヤマボウシ、シロヤシオの紅葉も綺麗でした。今日は金時山の紅葉に堪能しました。

コミネカエデ カエデ科
金時山から長尾山までのコミネカエデが綺麗です。稜線上からコミネカエデの隙間から見える富士山は抜群です。ミネカエデ は黄色だが、赤く紅葉する。名は花がミネカエデの花より小さいからで、葉が小さいわけではない。
コミネカエデ金時181108

ハウチワカエデ カエデ科
橙色に紅葉するものもあるが、真っ赤に紅葉するものが多い。葉の形がウチワ(団扇)に似ているのが名前の由来だが、天狗の団扇に見える。別名メイゲツカエデ。
ハウチワカエデ金時181108

オオモミジ カエデ科
写真は黄色だが赤くなるものもある。イロハモミジに似るが葉は大きく、鋸歯は短鋸歯で細かくそろっている。
オオモミジ金時181108

ウリカエデ カエデ科
カエデの中でももっとも小さな葉をつける。名前の由来は幹や枝の模様がウリに似ていることによる。
ウリカエデ金時181108

ヤマボウシ ミズキ科
ミズキの仲間では、ハナミズキと一緒で紅葉が綺麗。箱根はヤマボウシの日本一の名所と言われている。
ヤマボウシ金時181108

ナナカマド バラ科
モミジやウルシと並び真っ赤な紅葉が美しい木のひとつ。名前の由来は七度かまどに入れても燃え残ることから。
ナナカマド金時181108

シロヤシオ ツツジ科
金時山から長尾峠までのシロヤシオの紅葉は見頃です。別名は枝先に5枚の葉が輪生することからゴヨウツツジ、樹皮がマツに似ることからマツハダ。
シロヤシオ金時181108

オトコヨウゾメ スイカズラ科
モミジとは異なる色の紅葉でピンク色というか黒っぽい赤色に見える。
オトコヨウゾメ金時18181108

ブナ ブナ科
金時山から長尾峠までのブナの紅葉は見頃です。紅葉ははじめ黄色くなり、時間が経つにつれて橙~赤茶色に変わる。紅葉の後半及び落ち葉はすぐに褐色になる。
ブナ金時181108

テンの糞
糞は細長い、実が入っていることが多い。目立つように地面より少し高い場所にある。
テンの糞金時181108

本日のトップ10
1.コミネカエデ
2.ウリハダカエデ
3.カジカエデ
4.ウリカエデ
5.イロハモミジ
6.オオモミジ
7.ハウチワカエデ
8.ヤマボウシ
9.ナナカマド
10.ブナ

箱根PV 原田
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad