FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

【仙石原】2018年11月10日(土)の情報

 パークボランティア13人での観察です。

 紅葉の状況は、赤く色付いている葉もあれば、枯れたようになっている葉もあり、まだらになっています。

 歩道を歩くと、クロモジの葉が黄色くなった状態をよく観察できます。雨の降ったあとのせいだからかもしれませんが、クロモジの独特の香りが周囲に漂っています。

 温湯(ぬくゆ)の水温は21度、外気温は19度でした。


 
▼アオダイショウ。ひなたぼっこをしており、我々が近づいても、我関せず、という感じでした。
仙石原_20181110



▼ツチグリ。キノコの仲間です。熟したあと、6~10片の星形に裂けます。
仙石原_20181110



▼カメムシの仲間です。体調は1.2センチ程度。エサキモンキツノカメムシといいます。
仙石原_20181110



▼近づいて撮影すると、背にハート型の模様を確認できました。
仙石原_20181110



▼リュウノウギク。香料の竜脳に似た香りの油が含まれるため、この名前が付いたそうです。
仙石原_20181110



▼リンドウ。日本の秋を代表する花の一つです。
仙石原_20181110



▼ツルリンドウ。こちらは実になっています。
20181110235114fbe.jpg



▼クロモジ。黄色い葉がよく見られました。
仙石原_20181110



▼キッコウハグマ。草丈は10センチあるかどうかといったところで、目立ちません。
仙石原_20181110



▼キッコウハグマの、開放花のほうです。
仙石原_20181110



▼スズメバチの巣。縦60cm、横50cm程度の大きさで、ハチがまだ出入りしていました。
仙石原_20181110




<参考>
本日の観察ベスト 10

1 リンドウ/花
2 ツチグリ/キノコ
3 キッコウハグマ/花
4 スズメバチの巣/縦60cm、横50cm程度の大きさ
5 リュウノウギク/花
6 マユミ/実
7 エサキモンキツノカメムシ/日向ぼっこしている
8 ツルリンドウ/実
9 フユノハナワラビ/胞子葉
10 ミツマタ/つぼみ



<関連情報>
 ・仙石原コースの記事一覧
 ・仙石原コースのご案内(箱根ビジターセンターのWebサイトに別ウィンドウでリンクします)



箱根PV 仙石原担当 M.S

 
スポンサーサイト

FC2Ad