FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2018年11月9日

薄曇りで温度14℃、比較的暖かい秋の箱根でした。ビジターさん4名、パークボランティア7名、合計11名のミニ観察会です。
本日のテーマは「巣(網)を見ればクモの種類が分かる」、初めてのクモが主役の観察会です。

クモの「巣」と言いますが、餌を捕獲する「虫取り網」なので、正確には「網」です。クモそれぞれによって網の張り方が違います。

最初にヤエンオニグモが網を作っている途中の観察です。スプレーをかけて網を見えやすくしています。
IMG_1910.jpg

写真では網は見えませんが、ヤエンオニグモがすぐそばの葉の陰に隠れていました。これは枯葉ではなくクモです。
ヤエンオニグモ3

オオヒメグモです。歩いている虫を網で釣り上げ、牙で消化液を注入して、中の組織をドロドロにしそれを吸って食べます。
食べられた虫は殻だけが残ります。ダンゴムシも餌食になるようです。ちょっと怖い生存競争です。
オオヒメグモ

ヤマシロオニグモの網です。
最初にネバネバしない足場を作り、その後にネバネバした網を張ります。その時の作業に合わせてお尻から吐き出す糸を使い分けます。何とも高等な技を使うものです。
PA310038コヤマシロオニグモの網

ギンメッキゴミグモです。普通のクモは頭を下向きにしていて、餌を捕まえたら重力でサッと下へ降りて捕獲しますが、ギンメッキゴミグモは頭が上を向いています。頭が上のクモはこれだけです。
PA300010ギンメッキゴミグモ

ジョロウグモの網です。写真ではわかりにくいですが、網は円ではなく上に切れ目のある馬蹄型です。さらに前後に三重構造に張られています。
DSCN1341ジョウロウグモ網

ビジター周辺のカエデ類は紅葉が一気に進んでいます。駐車場側のイロハモミジも紅葉が始まっています。
イロハモミジ

同じ日の夕方に撮影したものですが、朝は緑色だったイロハモミジが夕日に照らされて、まるで紅葉が一気に進んだように見えていました。自然の不思議と素晴らしさを感じます。
イロハモミジ夕方

こちらは花の広場のオオモミジの紅葉です。
オオモミジ

同じく花の広場では、とても美しいケヤキの黄葉が見られます。
ケヤキ

マツムシソウは、ほとんどが果実になっていましたが、花もまだ残っていました。
マツムシソウ

本日のトップ10
1.  ギンメッキゴミグモ
2.  オオヒメグモ
3.  ゴミグモ
4.  ジョロウグモ
5.  ムラサキシキブ  果実
6.  アオツヅラフジ  果実
7.  マツムシソウ  花、果実
8.  ガマズミ  果実
9.  ウリハダカエデ  紅葉
10. イロハモミジ  紅葉

箱根PV 高橋
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する