FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

大涌谷(姥子往復)自然情報 2018年10月20日

お天気に恵まれて、気持ちの良い自然観察日和でした。
コース周辺の紅葉はまだまだでしたが、秋の花と実を観察できます。

金太郎岩展望台からの眺望
金太郎岩展望台からの眺望

キッコウハグマ(キク科)
キッコウハグマ (1)
花が咲かないまま実になってしまう「閉鎖花」ばかりで、今年は咲いていないか?どこかに咲いていないか?と、探しながら歩いていたところ、開花を見つけました。可憐な白い花に心を奪われます。

センブリ(リンドウ科)
センブリ(2)
胃薬として有名な二年草で、「千回お湯に振り出してもまだ苦い」ことから、この名前がついたそうです。金太郎岩付近のコース脇で見られます。

リンドウ(リンドウ科)
リンドウ(2)
つぼみもソフトクリームのようでかわいいです。先輩PVの方によると、今年は過去にない程たくさん咲いているよ!とのことです。舟見岩付近にて。

ヤマラッキョウ(ユリ科)
ヤマラッキョウ
紫色の花が丸く集まって咲いています。「ラッキョウ」という名前ですが、根が食べられる訳ではないようです。

ツルシキミ(ミカン科)
ツルシキミ
赤い実がひときわ目立っていました。ミカンの仲間で、葉の裏には油点があり、ちぎるとなんとなく柑橘系の香りがします。有毒植物です。

マユミ(ニシキギ科)
マユミ
実は熟すと4つに割れて、中から赤い種皮に包まれた種がぶら下がって見えます。和名は「真弓」で、材がよくしなり、昔はこの木を使って弓を作ったそうです。

ムラサキシキブ(シソ科)
ムラサキシキブ
きれいな紫色の実がついていました。実の美しさを「紫式部」に例えたことが、和名の由来と言われています。


本日のトップ10
1. リンドウ
2. キッコウハグマ
3. ヤマラッキョウ
4. センブリ
5. リュウノウギク
6. ムラサキシキブ(実)
7. マユミ(実)
8. ツルシキミ(実)
9. エナガ(野鳥)
10. ヒメツチハンミョウ(昆虫)

箱根PV 石塚
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する