FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

芦ノ湖東岸自然情報コース 2018年9月22日


 本日は、朝方の濃霧から始まり目まぐるしく天候が変わるなかで
雨具をつけたり外したりと何とも忙しい一日となりました。
そんななかでも、お目当てのひとつであるホトトギスの群落に出会え、
又、駒ヶ岳山頂では太陽が顔をだしてくれ、ハコネギク、ハコネアザミ
やハコネトリカブト等を楽しめるという嬉しい誤算がありました。 
一方、気になるのは、毎秋、神山通りの両側に競うほどに咲いていた
アザミ類が激減している事とムカゴイラクサが例年になく多いこと。
 
来月は青空の下での観察日和となりますように!
 



ホトトギス(ユリ科・ホトトギス属)
今年も出会えました。ホトトギスの群落です。
数年前ほどの勢いがないのは寂しいですが神山通りの一部は
ホトトギス街道と化します。

9月下旬の東岸歩きの楽しみのひとつです。

ホトトギス

ホトトギス


ゲンノショウコ(フウロソウ科・フウロソウ属)
下痢止めの民間薬として有名で、飲むとすぐの薬効がある
ので 「現の証拠」。
蒴果が熟すと五裂し裂片が巻き上がって種子を散布するのは
フウロソウ属の特徴です。
その姿が神輿の屋根に似ているのでゲンノショウコの別名は
「ミコシグサ」です。
花の色は白~紅色ですが、紅色は関西地方が多いようです。

ゲンノショウコ


ノコンギク(キク科・シオン属)
山野のどこにでも普通に見られる野菊ですが。
冠毛が美しくて、、、思わずパチリ!

ノコンギク


ヤクシソウ(キク科・オニタビラコ属)
日当たりのよい場所が大好きな二年草のヤクシソウは夏の終り頃
から晩秋まで、道路脇にも出現し黄色の花をたくさん咲かせるの
でめだちます。
ヤクシソウ(薬師草)の名の云われは諸説あります。
1、根生葉が薬師如来の光背に似ている。
2、初めて発見されたのが薬師堂のそば。
3、、薬用にされた。

ヤクシソウ


*~*~*~ ここから駒ヶ岳山頂の植物 ~*~*~*

ハコネトリカブト(キンポウゲ科・トリカブト属)
茎が弓型になるヤマトリカブトが風の強い風衝地では茎
を長くのばすことができずに直立してコンパクトな花序を
つけたものとされます。花序がつまって青紫色の花が
密集して咲く姿は美しく魅力的です。
初秋の駒ヶ岳を彩り、ファンが多い植物ですが個体数を
減らしているのが心配です。

ハコネトリカブト


ハコネギク(キク科・シオン属)
箱根を代表する植物です。
8月初旬から咲いていたハコネギクは今も私達の目を
楽しませてくれています。
総苞が粘ることも特徴のひとつです。
山頂では、白花の他に薄紫色の花も見られます。

ハコネギク


ハコネアザミ(キク科・アザミ属)
トネアザミ(タイアザミ)の変種と言われ、駒ヶ岳山頂の
ような風衝地に生育します。
比較的背丈が低く頭花が固まってつくのが特徴です。
また、葉先も棘もトネアザミよりもとがる傾向にあると
言われます。

ハコネアザミ



      *~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ススキ揺れる湖尻港

芦ノ湖


ツルシキミ(ミカン科・ミヤマシキミ属)
ついこの間まで緑色だった果実が色づき始めました。
シキミの名はついていますがシキミ(樒)とは別物です。

ツルシキミ

ツルシキミ


ムカゴイラクサ(イラクサ科・ムカゴイラクサ属)
葉腋にムカゴ(珠芽)ができるのが特徴のイラクサです。
この時期は赤いムカゴが目立ちます。多年草。
茎や葉に刺毛があるので、うっかり触るとひどい目にあいます。

写真には雄花、雌花、ムカゴ(下部の赤部)が写っています。

ムカゴイラクサ


ホソバテンナンショウ(サトイモ科・テンナンショウ属)
仏炎苞という不思議な形をしているテンナンショウ(天南星)の
仲間です。
ホソバテンナンショウは葉が2枚で花序は葉よりも上に位置する
ことで他の仲間と見分けがつきます。

雌花序は成熟すると赤くなります。
写真の株は成熟途中と見受けます。

ホソバテンナンショウ


シュウブンソウ(キク科・シュウブンソウ属)
ヤブタバコ(ガンクビソウ属)に大変よく似ていますが比べると
全体的に小ぶりです。
双方とも、茎は途中で止まり2~4個の枝を横にのばすので
見分けがつきにくいですが、花で見分けられます。
シュウブンソウはれっきとした舌状花が二列に並び、一方、
ヤブタバコの頭花には舌状花はありません。

シュウブンソウ


ツルデンダ(オシダ科・イノデ属)
湿った岩壁に、つる先から着床し子株を増やして群生する小さな
シダです。
デンダとはシダのことで北海道から九州まで広く分布しています。

ツルデンダ


本日のトップ10
1、ホトトギス
2、ハコネトリカブト
3、ハコネギク
4、ハコネアザミ
5、ウツボグサ
6、アキノウナギツカミ

(担当 PV藤城)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad