FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

大湧谷(姥子往復)2018年9月15日(土)

初秋の柔らかな雨が降り注ぐ中、ビジターセンターを出発。足元に注意して姥子へと続く石畳を登り、駅ナカを通り抜け、金太郎岩展望台、金太郎岩横を通り、無事戻ってきました。雨の日は晴天では見られない風景が見られ、特に水滴をつけた植物や蜘蛛の巣が、宝石の様に輝いて見えます。

アカネ(アカネ科)は、根が乾燥すると赤くなるのでその名があります。棘で他の植物を使い這い上がります。
アカネ大涌谷

ミツバアケビ(アケビ科)は、自らのつるを他の植物に絡めて成長します。間も無く実が熟します。
アケビ大涌谷

センニンソウ(キンポウゲ科)は、葉柄を他の植物に絡め成長してゆきます。花は終わり、種になっています。
センニンソウ大涌谷

ツタウルシ(ウルシ科)は、付着根を出して他の植物などに絡んで、這い上がります。紅葉してきました。
ツタウルシ大涌谷

タイアザミ(キク科)にホシホウジャク(スズメガ科)らしき蛾が、蜜を吸いに来ていました。
タイアザミ大湧谷

ヒメシャラ(ツバキ科)の幹は雨天時は一層輝き、美しさを増します。
ヒメシャラ大涌谷

久しぶりに見る事が出来たミゾソバ(タデ科)です。ピンク色の花が可愛らしい。
ミゾソバ大涌谷

船見岩近くでハイメドハギ(マメ科)の花が咲いていました。雨にぬれて綺麗です。
ハイメドハギ大湧谷

ヤマボウシ(ミズキ科)の実が豊作です。熟すにはもう少しの時が必要です。
ヤマボウシ大湧谷

今年はオミナエシ(オミナエシ科)が見事です。毎年咲き誇ってもらいたいです。
オミナエシ大湧谷

本日のTOP10
1 ガマズミ(実)
2 オミナエシ(花)
3 サワヒヨドリ(花)
4 ワレモコウ(花)
5 クサボケ(実)
6 ハイメドハギ(花)
7 ツチアケビ(実)
8 モミジガサ(花)
9 ヤマボウシ(実)
10 カケス

PV青山
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad