FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2018年9月13日

 麓ではタマアジサイが未だ咲いていました。ガンクビソウも見られ、ミズヒキは実の状態でした。目立ったのはコチヂミザサとモミジガサで沢山咲いていました。林道の交差点付近ではイタドリの花が咲き乱れ、アオハナムグリなどの虫が吸蜜していました。公時宿り石にはイワギボウシが渋い紫色の花を咲かせていました。山地谷沿いの湿った岩の上に生えるとは正にこの通りです。明神岳に向かう分岐点周辺ではヤマボウシの実が赤くなり初め、渋い紫色のクサボタンが咲いていました。クサボタンは蕾が多く、これからが見頃でしょう。長尾山の手前でハンカイシオガマを見つけました。全体が壮大なのを中国の豪傑の樊噲(はんかい)にたとえてとか。この花も紫色が入っています。秋の花は紫色が多い気がします。

キントキシロヨメナ
シロヨメナの中にキントキシロヨメナらしきものを見かけました。特長は小型で直立し、葉が茎の下に集まり、茎に開出毛が多いののですが、なかなかシロヨメナとの区別は難しいです。
キントキシロヨメナ金時180913

ツルニンジン
名前の由来は根が太く、高麗人参の根に似ているから。その昔、高麗人参の栽培を試みたが上手くいかず、高麗人参の根に似たものを探し、××ニンジンとつけられたものが沢山あります。
ツルニンジン金時180913

クサボタン
明神との分岐点付近で沢山咲いていました。名前の由来は葉が牡丹に似ていて、下部が木化していることによる。
クサボタン金時180913

ハンカイシオガマ
ハンカイ(樊噲)は中国の漢の時代の武将。草の容姿が壮大なので例えたようです。
ハンカイシオガマ金時180913

ホトトギス
花は枝に1列に並び先端から咲いていくようです。名前の由来は花びらにある紫色の班紋が鳥のホトトギスの胸にある模様と似ていることによる。
ホトトギス金時180913

イワギボウシ
公時宿り石に沢山咲いていました。名前の由来は岩上に生えるギボウシということから。確かに岩に咲いていました。
イワギボウシ金時180913

サルナシ
果実はキューウィーに似ているが、毛がなく小さい。動物、特にニホンザルが好んで食べ種子散布する。
サルナシ金時180913

ヤマボウシ
果実は赤かくなり始めていました。葉より上に果実が飛び出ている形は動物に食べてくださいと言っているに見えます。
ヤマボウシ金時180913

オトコヨウゾメ
明神との分岐点付近にありました。赤い果実は目立ちます。ヨウゾメはカマズミの地方名。他の果実は生食できるがこの果実は苦くて食べられないので「男」をつけたようです。
オトコヨウゾメ金時180913

サンショウ
乙女峠付近で見かけました。赤い実をつけていました。イヌザンショウとの違いは棘の付き方による。サンショウは対生、イヌザンショウは互生。
サンショウ金時180913

本日のトップ10
1.キントキシロヨメナ(花)
2.ツルニンジン(花)
3.クサボタン(開花)
4.ハンカイシオガマ(花)
5.ホトトギス(花)
6.イワギボウシ(満開)
7.サルナシ(果実)
8.ヤマボウシ(果実)
9.サンショウ(果実)
10.エナガ(野鳥、枝渡り)

箱根PV 原田


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad