FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺)2018年9月14日

秋雨前線が停滞して朝から雨模様、熱心なビジター3名とパークボランティア11名で観察会をスタートしました。今日のコースは、花の広場から芦ノ湖キャンプ場、白百合台園地を経由してビジターセンターに戻る長い道のりでしたが、カッパに傘で雨を防御して自然観察を堪能しました。

シキミ(マツブサ科シキミ属)
P9140222シキミ
雨の中でシキミの果実が輝いていました。葉身には油点があり、傷つけると抹香の香りがします。天気の良い日に試してみてください。

ツユクサ (ツユクサ科ツユクサ属)
P9140220ツユクサ
雨に映える青色の花弁をもつツユクサの中で、ピンクの花弁をもつツユクサもひっそりと咲いていました。皆さんも探してみてください。

タムラソウ(キク科タムラソウ属)とホシホウジャク(スズメガ科)
P9140256タムラソウとホシホウジャク
雨にも関わらずホシホウジャクがタムラソウの蜜を求めてやってきました。ホーバリングして器用に吸蜜しています。タムラソウに届く細長い口吻が見えるでしょうか。

キンモンガ (アゲハモドキガ科)
P9140274キンモンガ
雨の降る中、オオバコの葉上でキンモンガが休息していました。木陰などに身を隠せば良いのにと心配しながら、そっと観察しました。

ジガバチ(アナバチ科)
IMG_6886ミカドジガバチ
こちらの広場では、雨の中、顎で体を固定して昼寝をするジガバチの姿が見られました。雨を気にするのは人間だけなのでしょうか。

ツリフネソウ(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)
P9140308ツリフネソウ
ツリフネソウが群生していましたが、ここではハナバチの仲間を見ることができませんでした。雨がやまないのでハナバチの仲間は、どこかで休息しているのでしょうか。

ツリフネソウハオレタマゴフシ (虫えい)
P9140309ツリフネソウハオレタマゴフシ
ツリフネソウの葉には、ツリフネソウコブアブラムシが桃赤色のきれいな虫えいを形成し、この中でアブラムシが成長していきます。この虫えいは、例年9月いっぱい見ることができます。

ツルニンジン(キキョウ科ツルニンジン属)
P9140281ツルニンジン
長いコースを散策していると思わぬところでツルニンジンを見つけることができます。花は側枝の先に下向きにつきますが、白緑色で内側に紫褐色の斑点があるのが判るでしょうか。

スズメウリ(ウリ科スズメウリ属)
P9140292スズメウリ
名称は、カラスウリに対して果実が小さいのでスズメウリという説や、果実をスズメの卵にみたててスズメウリなどの諸説があります。本当に可愛い果実ですね。

ホトトギス(ユリ科ホトトギス属)
P9140338ホトギス
コースの終盤にホトトギスの花が疲れを癒してくれました。最後まで雨が降り続けましたが、雨の日特有の自然が観察でき、有意義な時間を過ごすことができました。

トップ10
1.シキミ(果実)
2.スズメウリ(果実)
3.タムラソウ(花)
4.ツユクサ(花)
5.ツリフネソウ(花)
6.ツルニンジン(花・蕾)
7.ホットギス(花)
8.キンモンガ(昆虫)
9.オナガグモ(クモ)
10.ハクセキレイ(野鳥)

PV 小川(治)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad