FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

芦ノ湖東岸自然情報コース 2018年8月10日

先月の自然情報日は残念ながら大雨に見舞われてしまいました。
今月は定例自然情報収集日前ですが、駒ヶ岳情報をお届けします。

8月10日
今日も不安定の天候との予報でしたので雨を覚悟で駒ヶ岳へ出かけました。
濃霧に覆われていた山頂も時々青空がのぞき、運よくまあまあの観察日和。
芦ノ湖から吹き上げる霧に一瞬視界が消えることもありましたが、真っ白
な霧が流れる間に間に見え隠れする花は美しさが一層ひきたちます。
特に、そこかしこに咲く濃紅色のオヤマシモツケははっとする程あでやか
にうかび来て、不安定な天候が却って功を奏した結果となりました。

気になるのは、小規模ながら神山中腹部に土砂が崩れた痕跡が見えること
です。登山道が荒れてしまい通行止めの解除もなかなか難しいと言われる
昨今ですが一日も早い登山道の復旧を祈ります。

          
            🌁 ☀  🌼  ☀  🌁 
 


マルバダケブキ (キク科 メタカラコウ属)
深山のやや湿り気のある草地や林縁に生育する多年草。
葉は30㎝に散房状の大きな黄色の頭花は8㎝にもなる大型サイズ
で、葉だけの状態でもすぐに見つけられる目立つ植物です。
駒ヶ岳の笹原でも華やかな黄色い花は群を抜いて目立っています。
マルバダケブキ20180810_08


山頂遊歩道
巨石の間を縫うように続く遊歩道。
満開のオヤマシモツケ(バラ科 シモツケ属)が彩っていました。
P8100425.jpg


ハコネアザミ(キク科 アザミ属)
頭花が茎の先端に集まってつくのが特徴です。
ハコネアザミはトネアザミとほとんど変わりませんが、風衝地帯に
生えるので丈が短くなったという説があります。そういう意味では
ハコネトリカブトの形態も同様な理由かも知れません。
まだ、開花には少々早いようで写真はようやく出会えた一枚です。
P8100406.jpg


山頂の草原
よく見ると、ハコネコメツツジの残り花、ハコネハナヒリノキの
果実、ハコネギクやオヤマシモツケの花が見えます。
季節の変わり目の景色ですね。
P8100379.jpg


オオハンゴンソウ(キク科 オオハンゴンソウ属)
濃霧のなか、うっすらと見えているのはオオハンゴンソウです。
(大反魂草) 北アメリカ原産の多年草で明治時代に観賞用として
日本に持ち込まれたものが各地で野生化しています。 
環境省指定特定外来植物で全国規模で駆除活動が行われており箱根
でも然りです。
P8100373.jpg


ハコネギク(キク科 シオン属)
箱根特産の野菊で別名ミヤマコンギク。
目下、山頂のあちこちで真っ盛りのハコネギクは群がった株で生育
します。総苞は粘り、花は終わっても枯れたままなかなか落ちない
のも特徴です。写真は白菊ですが淡いブルーのハコネギクも咲いて
いました。
P8100370.jpg


山頂のお花畑
色とりどりの花々が今が盛りと咲き誇り私達を楽しませてくれます。
P8100369.jpg


ウツボグサ(シソ科 ウツボ属)
別名カコソウ(夏枯草)。多年草。
山頂には群落がいくつも見られました。
低山地でも見かけますが山頂のウツボグサは花の色が冴えている
ように感じます。花穂を矢を入れるウツボにみたててウツボグサと
命名、別名の夏枯草は夏期に花が枯れて黒っぽくなってもそのまま
茎が立っていることによります。
P8100359.jpg


山頂のお花畑
笹原にシシウド(セリ科 シシウド属)が抜きんでていました。
今年は仙石原を始め各地でシシウドが大変目立ちます。
後方にはヒヨドリバナ(キク科 ヒヨドリバナ属)の群落が見え
ます。ヨツバヒヨドリかも知れませんが確認できませんでした。
P8100353.jpg


キオン(キク科 キオン属)
毎年、笹原の隙間を見つけ顔を覗かせています。
個体が増えているのは嬉しいことです。
P8100349.jpg


ロープウエイ山頂駅
先月工事中だった山頂駅階段に屋根がつきました!
P8100337.jpg


湖尻港
 🚢夏の湖尻港です。
何とはなく夏の賑わいを感じます。
P8100325.jpg


(担当 PV藤城)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad