FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

大涌谷(姥子往復) 2018年8月18日(土)

週半ばまで続いた高温多湿な夏から一変、カラッと晴れ上がった青空は、初秋を感じさせてくれる気持ちの良い日でした。このような日はいつまでも自然の中に身を置きたいと思います。残り少ない夏を目一杯楽しみたい昆虫達と夏から秋へ花を咲かせる植物達に巡り会えました。

クロヒカゲ(タテハチョウ科)
林の中を飛び回っている色黒の蝶です。写してくれと言わんばかりに、動きませんでした。
大涌谷クロヒカゲ

ミヤマキンバエ(クロバエ科)
陽が差し込むアオキの葉上で休んでいました。キラキラして宝石の様(?)です。
大涌谷ミヤマキンバエ

コバノハナイカダ(ハナイカダ科)
葉中央に黒い実をつけていました。鳥に運ばれるのを、待ちわびているようです。
大涌谷コバノハナイカダ

ヒメヤブラン(キジカクシ科)
ヤブランより小型です。青い実をつけるジャノヒゲに似ますが、本種は黒い実をつけます。
大涌谷ヒメヤブラン

タマアジサイ(アジサイ科)
秋口まで咲くので、まだまだ蕾が沢山あります。
大涌谷タマアジサイ

クサギ(シソ科)
淡い芳香を放つので、クロアゲハや他の蝶類が多く訪れていました。
大涌谷クサギ

コウゾリナ(キク科)
茎や葉に剛毛が生えます。
大涌谷コウゾリナ

イヌガンソク(オシダ科)
胞子葉は冬にも残り、生け花やドライフラワーに使われます。
大涌谷イヌガンソク

16名でのスタートでした。
大涌谷オオワクダニ観察会

本日のトップ10
1 オミナエシ
2 ホドイモ
3 サワヒヨドリ
4 ワレモコウ
5 トンボソウ
6 ツチアケビ
7 ヒメキマダラセセリ
8 クサギ
9 コボタンヅル
10 ジャコウアゲハ

PV青山
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad