FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2018年8月10日

 温度24℃で、暑い今年の夏では涼しく感じました。ビジター9名、PV10名でスタートしました。今回のテーマは秋の七草です。VC周辺では秋の七草の一つであるナデシコの仲間のカワラナデシコが満開で見頃でした。風になびいたピンク色の花びらは、誇らしく目立って見えました。夏の花のコバギボウシ等がピークを終え、秋の花の野菊のユウガギク等が咲き始めていました。植物の世界は夏から秋に向かっていました。

カワラナデシコ
昔は河原に自生していたので「河原」で、子のように撫でたい草なので「撫子 」。万葉集にも歌が詠まれるほど古くから栽培されてきた草花で、秋の七草の一つに数えらています。
カワラナデシコVC180810

コバギボウシ
花も葉もスマートで紫色の花が目立ちます。
コバギボウシVC180810

コオニユリ
名前の由来は橙赤色の花が赤鬼に顔に見えるから。花びらが反り返った形と色で鬼に見えるのでしょう。花の派手さでアゲハチョウの仲間を誘う。雄しべは花より突き出ていて吸蜜するときに花粉が翅に付く。赤い花粉を翅につけたキアゲハをよく見かける。
コオニユリVC180810

ユウガギク
夏の初めから咲き始める。「優雅菊」ではなく「柚香菊」。葉を揉むと柚の香りがすると言われているが実際は殆どしない。
ユウガギクVC180810

ツリガネニンジン
根を朝鮮人参に花の形を釣鐘にたとえてこの名がついた。沢山の花をつり下げてハナバチやチョウの訪れを待っている。
ツリガネニンジンVC180810

ミズタマソウ
白い毛がある果実を露がかかった水玉に見立てて水玉草。逆光で見ると綺麗です。毛は鍵形になっており動物にくっついて散布する。
ミズタマソウVC180810

ツルボ
球根を昔は食べていた。この球根がつるりとした坊主に見え、ツル坊主でツルボになったようです。
ツルボVC180810

トンボソウ
今年は箱根のどこでもよく見かけます。当たり年かも知れません。名の由来は花の形がトンボに似ているから。
トンボソウVC180810

ツチアケビ
美味しそうなソーセージが沢山ぶら下がっています。昔の人はこの実をアケビに見立て、土から生えているのでツチアケビ。光合成を行う葉を持たず、養分のすべてを共生菌に依存している。
ツチアケビVC180810

アサギマダラ
旅をするチョウ。今は南に飛び立つために蜜を吸って休養している。飛ぶ時に空気抵抗を少なくして疲れないようにするため、鱗粉がなく体に比べて大きな翅を持つ。鱗粉がないためマーキングが出来、移動の状況が分ってきている。
アサギマダラVC180810

本日のトップ10
1.カワラナデシコ  満開
2.コバギボウシ   花
3.ツルボ        咲き始め
4.ユウガギク     咲き始め
5.ダイコンソウ     花
6.ツリガネニンジン  満開
7.ツチアケビ     赤い果実
8.キジ         親子で歩行
9.アサギマダラ    飛翔
10.ベニシジミ     飛翔

箱根PV 原田
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad