FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺)2018年7月13日

今回のミニ観察会のテーマは、前回の「虫えいを探そう(タマバエ編)」に引き続き、「虫えいを探そう(アブラムシ・キジラミ編)」です。ビジターセンター周辺ではノリウツギを始め、オカトラノオやクサレダマなどが開花し、蝶や甲虫・ハチの仲間の元気な姿を見ることができます。その様な中で、同じ昆虫なのに普段はほとんど目にすることがないアブラムシやキジラミの仲間たちは、ユニークな形の虫えいを一所懸命に形成し始めています。今回は、そんな昆虫たちがつくる虫えいも探してビジターセンター周辺を散策してみました。

オカトラノオ(サクラソウ科オカトラノオ属)
オカトラノオ-3
子供の広場や花の広場では、サクラソウ科オカトラノオ属の花たちが開花しています。オカトラノオは、茎の先の総状花序に白い小さな花をいっぱいつけ、頭を垂れて昆虫たちを招待しているようでした。

クサレダマ(サクラソウ科オカトラノオ属)
クサレダマ
一所懸命きれいに咲いているのに「クサレダマ」? 漢字で「草連玉」との説明に、「クサレンダマの方がいいのに」とポツンと一言。

ヌマトラノオ(サクラソウ科オカトラノオ属)
ヌマトラノオ
オカトラノオの群生の側でヌマトラノオも群生しています。果穂を垂らさず直立し、オカトラノオとの差別化を主張しているようです。

ノリウツギ(ユキノシタ科アジサイ属)
ノリウツギ
ビジターセンター周辺を散策すると、満開のノリウツギにもすぐ出会うことができます。枝先の円錐花序にはアオハナムグリやハナカミキリなど訪花性昆虫が多く集まっています。

アケビハオレフシ(虫えい)
アケビハオレフシ
花だけでなく木本の葉にも目を向けてみましょう。ちょっと不思議?と思える虫えいを見つけることができます。この虫えいは、ベニキジラミがつくっています。ミツバアケビの小葉全体が葉表を中にして、主脈から二つに折り畳まれているので“ハオレフシ”といわれています。

ウコギハグキツトフシ(虫えい)
ウコギハグキツトフシ
この虫えいは、ウコギトガリキジラミがつくっています。ウコギの葉柄が藁苞のように形成されているので“ハグキツトフシ”です。

エゴノネコアシ(虫えい)
エゴノネコアシ
この虫えいは、エゴノネコアシアブラムシがつくっています。もともとはエゴノキの側芽なのですが、このアブラムシの刺激によって、“ネコの足先”のように形成されます。

ヌルデミミフシ(虫えい)
ヌルデミミフシ-2
この虫えいは、ヌルデシロアブラムシがまさにつくり始めたばかりで、双眼鏡で見つける必要があります。今は葉軸部に小さなふくらみしか見えませんが、秋には耳附子(みみふし)に恥じない大きさに肥大し、肉眼でも観察できるようになります。

ヒグラシ(カメムシ目セミ科)
ヒグラシ-2
自然学習路から子供の広場、そして花の広場へと散策していると、清々しいヒグラシの合唱が疲れを癒してくれます。鳴き声の方角の樹木に目を向けてみてください。きっと歌っているヒグラシの姿が見つかるはずです。


トップ10
1.オカトラノオ(花)
2.クサレダマ(花)
3.ヌマトラノオ(花)
4.ノリウツギ(花)
5.アケビハオレフシ(虫えい)
6.ウコギハグキツトフシ(虫えい)
7.エゴノネコアシ(虫えい)
8.ヌルデミミフシ(虫えい)
9.ヒグラシ(昆虫)
10.ウグイス(野鳥)

PV 小川(治)・谷上

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad