FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺)2018年6月22日

今回のミニ観察会のテーマは「虫えいを探そう(タマバエ編)」です。しかしタマバエとは、分厚い昆虫図鑑でもハチ目の片隅の頁に1~2例ほど、しかも小さな写真しか載っていないような昆虫なのです。そのためにタマバエを訊ねると、ほとんどの人たちは「タマバエ」ってなに? どんな形のむし? というほど知られていない昆虫なので、開始時のミーティングに於いて、ビジター9名とPV11名の参加者でタマバエの生態やタマバエがつくる虫えいなどについての予備知識を学習して、梅雨の晴れ間の自然学習路へ観察に向かいました。

アオキミフクレフシ
P4130105アオキミフクレフシ
この虫えいは、アオキミタマバエがアオキの幼果に産卵して形成します。この時期に残っている果実と思われるものは、未成熟のものが多く、それらはほとんど虫えいといっても過言でないでしょう。

イヌツゲメタマフシ
P6130078イヌツゲメタマフシ
この虫えいは、イヌツゲタマバエがイヌツゲの腋芽に産卵して形成します。VC周辺ではこの時期に成虫が虫えいから羽化しているようです。早朝に虫えいを観察すると、写真のように虫えいに残っている蛹の抜殻を見つけることができるかもしれません。

ウツギメタマフシ
P6050559ウツギメタマフシ
この虫えいは、ウツギメタマバエがニシキウツギの冬芽に産卵して形成した虫えいです。今年は自然学習路を散策すると多く見ることができます。なんだか芽キャベツのように見えませんか?

ハナイカダミフクレフシ
P6150141ハナイカダミフクレフシ
この虫えいは、ハナイカダミタマバエがハナイカダの蕾/花に産卵して形成します。VC周辺では、これからの時期に成虫が虫えいから羽化していきます。この虫えいも写真のように虫えいに蛹の抜殻が残リますが、風に吹かれたり振動で、すぐ落下してしまうので見つけるのが大変かもしれません。

ヒメシャラハミャクコブフシ
P6040525ヒメシャラハミャクコブフシ
この虫えいは、まだ解明されていないタマバエの仲間がヒメシャラの新葉に産卵して虫えいを形成します。虫えい内の幼虫は、成熟すると虫えいから抜け出し、地面で夏から秋、そして冬を越します。タマバエの生態や生命の不思議さを感じて戴けたでしょうか。

キビタキ
DSCN1155キビタキ
野鳥の森周辺を歩くとキビタキのさえずりが聞こえてきます。声の方角に目を凝らし、静かに歩を進めてみてください。きっと枝でさえずるキビタキの姿を見つけることができるでしょう。

ニワトコの果実
P1070273ニワトコの果実
自然学習路を歩いていると、緑の木々の間から赤く実ったニワトコの果実を見つけることができます。緑の中でひときわ輝いて見えるので、梅雨の時期でも散策を楽しむことができるでしょう。

ミヤマイボタの花
P1070314ミヤマイボタの花
ビジターセンター周辺では、ミヤマイボタの花が咲き始めました。そっと観察していると吸蜜するセイヨウミツバチや飛翔するジャコウアゲハも観察できました。

アサギマダラ
P1070326アサギマダラ
さらにミヤマイボタの花にやってくる昆虫を待っていると、アサギマダラも吸蜜するためにやってきました。この時期は花が少ないのでミヤマイボタの花は大もてのようです。

ヤマボウシの花
P1070304ヤマボウシの観察
虫えいの観察が終わりビジターセンターへの帰り道、ヤマボウシの花が参加者の目を楽しませてくれました。皆さん、本日は、お疲れ様でした。

トップ10
1.アオキミフクレフシ(虫えい)
2.イヌツゲメタマフシ(虫えい)
3.ウツギメタマフシ(虫えい)
4.ハナイカダミフクレフシ(虫えい)
5.ヒメシャラハミャクコブフシ(虫えい)
6.イカル
7.キビタキ
8.ニワトコ(果実)
9.ミヤマイボタ(花)
10.ルリタテハ(昆虫;蝶)

PV 小川(治)・谷上
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad