FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2018年6月14日

 今にも雨が降り出しそうな空模様でしたが、実施可否の判断基準より低い降水確率により観察会は実施しました。ヤマボウシが目立ちました。登山道脇にも沢山咲いていましたが、外輪山の白く見える山肌はヤマボウシです。分岐点ではシモツケが可憐なピンク色を付けていました。今日は小屋で昼食を取らず、長尾山で取りました。その時、曇り空から太陽が現れると、エゾハルゼミが一斉に鳴き始めました。ホトトギス、ツツドリ、カッコウの声を聞きました。カッコウの声は遠く仙石原から聞こえていました。
 花、鳥、虫を楽しんだ観察会でした。

ヤマボウシ
登山道脇に沢山見られましたが、外輪山の山肌が白く染まる程咲いていました。白く見えるのは花弁ではなく、総苞片です。箱根を代表する樹です。
ヤマボウシ金時180614

シモツケ
分近点周辺で咲いていました。名前の由来は下野(しもつけ)の国(現在の栃木県)で(染料用に)栽培にしたことによる。
シモツケ金時180614

コアジサイ
頂上付近で咲いていました。装飾花を持たないアジサイはこの花だけです。ほのかな香りがします。装飾花がないので香りで虫を引きつけているのかも知れません。
コアジサイ金時180614

ヤマアジサイ
麓で咲いていました。湿気のある所を好むようです。葉は長楕円形~卵状楕円形名前の由来は山に生えるアジサイ。
ヤマアジサイ金時180615

ウツギ
ヤマボウシに負けじとこの花も咲いていました。 別名はウノハナ(卯の花)。名前の由来は、茎を折ると中が中空(空洞)になっていることによる。
ウツギ金時180614

アカショウマ
公時神社の周辺で咲いていました。名の由来は漢方薬になるショウマ(升麻)に似ていて、茎の下部や葉柄の基部が赤いことによる。
アカショウマ金時180614

コナスビ
登山道を外れた所でひっそり黄色い花を付けていました。名前の由来は果実がナスビに似ていることによる。
コナスビ金時180614

ナンキンナナカマド
頂上付近で実を付けていました。果実の色は何とも言えません。これから赤くなります。鳥の好物でヒヨドリ、ムクドリ等がよく食べます。
ナンキンナナナカマド金時180614

マユミ
長尾山周辺で沢山咲いていました。地味な色の花ですが、虫を結構引きつけます。名前の由来は、材質が強くて、ゆがみなく、良くしなえるので、弓の材料に使用されたことによる。和紙、印鑑、櫛の材料にもなっている。
マユミ金時180614

エゾハルゼミ
箱根では山地のブナ林などの落葉広葉樹林に生息しています。長尾山で休んでいると、曇り空から晴れに変わると一斉に鳴き始めました。「ミョーキン・ミョーキン・ケケケケ…」と特徴的な声です。
エゾハルゼミ金時

本日のトップ10
1.ヤマボウシ(花)
2.シモツケ(花)
3.コアジサイ(花)
4.ヤマジサイ(花)
5.アカショウマ(花)
6.ホトトギス(野鳥、囀り)
7.カッコウ(野鳥、囀り)
8.ツツドリ(野鳥、囀り)
9.アオバト(野鳥、囀り)
10.エゾハルゼミ(昆虫、鳴き声)

箱根PV 原田


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad