FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

芦ノ湖東岸自然情報  2018年5月26日


    今月は白い花がめだつ芦ノ湖東岸遊歩道です。
    シダの若葉も美しく、白色と緑色の美しさを満喫しました。

    帰路、1号線で、鈴なりの白花をつけている大木に出合いました。
    なんと、なんと、見事なオオバアサガラです!
    
    季節は春から夏へ、植物も夏の花へと移りつつあります。



         🍃 ❁ 🍃  ❁ 🍃  

   ヤマサギゴケ (ハエドクソウ科 サギゴケ属)
    トキワハゼやムラサキサギゴケに似ていますが、両サギゴケとも
    匐枝がありトキワハゼにはありません。ムラサキサギゴケと
    ヤマサギゴケは有毛か無毛かで区別します。本種が有毛です。
    写真にもしっかり写っていますね。
   コテングクワガタ  (オオバコ科 クワガタ属)
    一緒に写っている白い小花は帰化植物のコテングクワガタです。
    オオイヌノフグリの仲間です。
   ヤマサギソウ


   マルバウツギ  (アジサイ科  ウツギ属)
     花序の下の2枚の葉は柄がない事と茎を抱くことで、他のウツギ
     との見分けがつきます。
     上向きに咲く真っ白な小花は愛らしく爽やかです。
   マルバウツギ


   ヒメレンゲ  (ベンケイソウ科  マンネングサ属)
     星のような小花をつけるマンネングサの仲間です。
     昨年は個体を減らしていたので心配しましたが今年は渓流の岩場
     へ生育場所を移していました。苔むした岩にへばりつくような
     ヒメレンゲと渓流のコラボは美しかったです。

         ヒメレンゲ
 
         ヒメメレンゲ

 
   ハコネシケチシダ  (イワデンダ科  シケチシダ属)
    イッポンワラビとシケチシダの雑種との説が有力です。
    一か月前は姿がまったく見えず心配していましたが健在とわかり 
    ほっとしました。 大事にしたい植物のひとつです。
   ハコネシケチシダ


   ジュウモンジシダ  (オシダ科  イノデ属)
     杉林の林縁で出合った大株です。
     立派ですね。
   ジュウモンジシダ
   

   シノブ  (シノブ科  シノブ属)
    シノブ科シノブ属は本種だけです。
    深い山の岩や樹幹に着床します。夏緑性で、秋には葉柄基部の関節
    からぽろりと落葉します。
    昔から、シノブ玉に使用するのは本種です。
   シノブ


   ♪  "WATER SPIDER " ♪
    水陸両用車 ”WATER  SPIDER号” 箱根に登場!
    見上げる私達の真横を通り芦ノ湖へ向かっていきました。
    いかつい 黒塗りの車体です。
   水陸両用車
     ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬  ♪  ♬   
   水陸両用車


   ミズキ  (ミズキ科  サンシュユ属)
    枝ぶりが独特で階段状の樹形になるので遠くからでも見分けが
    つきます。初夏を告げる木で植物の季節を知る指針となります。
   ミズキ


 《 今月のトップ10 》
 1、ミズキ(花)  
 2、ヒメレンゲ(花) 
 3、マルバウツギ(花)  
 4、ハンショウヅル(花) 
 5、ウマノスズクサ(花)  
 6、ハコネシケチシダ(シダ) 
 7、キヨタキシダ(シダ)
 8、ベニシダ(シダ) 
 9、ジムグリ(ヘビ)  
 10、キクムグラ(花)

  (担当  藤城)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad