FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

5月9日芦ノ湖西岸コース

明け方まで降っていた雨も上がり、8期生3名で9時にハシボソガラスに見送られ、箱根町港を出発。

散策


ヤブヘビイチゴ、ホソバテンナンショウ、サルトリイバラ、ヤマツツジ、ズミ、サラサドウダンが花盛り、西岸コースのメインであるハコネシロカネソウは咲き始めでした。
クジャクシダシシガシラもきれいでした。

ハコネシロカネソウ

ホソバテンナンショウ
ホウチャクソウ
クジャクシダ


芦ノ湖の水面は高く、普段よりも湧水の量が多く、ワカサギの群れが遡上、真田浜ではアオサギとハシボソガラスが睨めっこ。

睨めっこ


ヤマボウシ、コアジサイ、ヤマアジサイは蕾が付き始めで、次回が楽しみです。
スミレ系ではツボスミレがまだまだ頑張っておりました。

ツボスミレ


鳥はアカゲラが木を突いている様子が逆光ながらもよく観察でき、コース終盤ではソウシチョウが我々をエスコートするような感じで登場してくれました。

ソウシチョウ


最後に湖尻水門のゲートが1つ開放されており、珍しい光景を見ることができました。

湖尻水門


VC情報によると2日前の雨で開放したとのことでした。
15時45分キャンプ村到着、16時VC着でした。

オマケ
箱根には自生していないはずのユキモチソウ

ユキモチソウ



トップ10
ハコネシロカネソウ
ホソバテンナンショウ
ホウチャクソウ
ヤマツツジ
ツクバネソウ
ツボスミレ
ユウマダラエダシャク
ワカサギの遡上
アオサギとハシボソガラスの睨めっこ
湖尻水門ゲート開放

箱根PV段
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する