FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

湯坂路自然情報コース 2018年4月9日

 晴天にもかかわらず強風のため震え上がるような寒さの中を10名の参加者と共に歩き始めると早くもエイザンスミレの花を発見し今日は何種類のスミレに出会えるのか楽しみになりました。フキの花が咲いていて雌花、雄花を観察しながら歩くと湯坂路にこんなにも沢山あったのかと思いました。今日はスミレやサクラの花が満開で今年の良いスタートになりました。

エイザンスミレ  (スミレ科 ミヤマスミレ類) 別名:エゾスミレ
 華やかなスミレで目立ちます。葉が細く切れ込んでいるので見分けるのは容易です。この日は白花のシロバナエゾスミレらしきスミレも発見しました。
エイザンスミレ湯坂路180409

ヤシャブシ    (カバノキ科 イヌシデ属)
 目の届くところのヤシャブシの雄花、雌花、葉の位置を観察しヤシャブシとオオバヤシャブシとの違いを確認できました。
オオバヤシャブシが近くに見られると比べられて良いのに思ったりしました。
ヤシャブシ湯坂路180409

クサボケ  (バラ科  ボケ属)
小さな棘が枝があります。赤い花が足元で目立ちますが果実になるのが少ないのが不思議です。草木瓜(くさぼけ)とも呼ばれますが丈が低いので草に見立てたようです。果実は果実酒にすると香りもよく美味しいようです。
クサボケ湯坂路180409

ナツトウダイ  (トウダイグサ科 トウダイグサ属)
 花は総苞葉の上に咲いています。この仲間では一番早く咲きます。よく見ると、とても変わった花で面白い形をしています。
思わず上からとった姿です。
ナツトウダイ湯坂路180409

コブシ  (モクレン科 モクレン属)
 湯坂路入り口の近くに咲いていますが今年は花付きが少なかったようです。花は良い香りがしますが手の届くところに花がなくて残念でした。まだ葉は展開していませんが白い花は青空に映えていました。コブシの名前は果実の形が拳に似ているところから付けられました。
コブシ湯坂路180409

マルバタチツボスミレ  (スミレ科 タチツボスミレ類)
 タチツボスミレとニオイタチツボスミレとの雑種。湯坂路ではタチツボスミレやニオイタチツボスミレが沢山咲いていました。
ケタチツボスミレも観察しました。
マルバスミレ湯坂路180409

マメザクラ   (バラ科 サクラ属) 別名:フジザクラ
 花は葉の展開と同じ時期に咲きます。葉の縁は重鋸歯です。今日は花時にぴったりで沢山のマメザクラが咲いていました。
葉の下に見られる密腺の位置や形をルーペで観察しました。尾根道に折れた枝にも花が咲いていました。山梨の県の花に指定されています。
ヤマザクラ湯坂路180409

アケボノスミレ  (スミレ科 スミレサイシン類)
 アケボソスミレが咲いているか否か?一輪でも咲いていたらいいな~と確認に向かうと今年は早くも沢山咲いおり感激しました。
花の時期には葉がまだ展開していません。とても美しいスミレの一つです。
アケボノスミレ湯坂路180409

オオシマザクラ  (バラ科 サクラ属)
 オオシマザクラ、ヤマザクラ、マメザクラを観察しました。托葉の形がそれぞれ異なり特徴があります。オオシマザクラの花は白色。オオシマザクラの葉には毛がなく桜餅などに使われています。今日はケヤマザクラ(カスミザクラ)にも出会えました。湯坂路でのケヤマザクラとの出会いは初めてで嬉しい事でした。
オオシマザクラ湯坂路180409

カントウミヤマカタバミ  (カタバミ科 カタバミ属)
 千条の滝周辺に咲き始めていました。葉の裏面に軟毛があり、花は白色で淡紫色の筋が見られます。母種のミヤマカタバミは
葉裏の毛が密生しているようです。葉は暗くなると閉じます。関東地方に見られるからカントウミヤマカタバミです。
カントウミヤマカタバミ湯坂路180409


千条の滝
 つい最近までがけ崩れで通行止めになっていましたが工事が終わっていました。この滝は何事もなく無事でホッとしました。
滝の近くのベンチで今日の「ベスト10」の相談をするのが恒例です。
千条の滝湯坂路180409

今月のトップ10
1、エイザンスミレ
2、シロバナエゾスミレ
3、アケボノスミレ
4、カスミザクラ
5、オオシマザクラ
6、マルバタチツボスミレ
7、タチツボスミレ
8、マメザクラ
9、ヤマザクラ
10、カントウミヤマカタバミ

報告者 : 山本
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad