FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2018年4月12日

2月、3月が天気の不順で実施できず、3ヶ月振りの金時山でした。いつもは数名の参加者ですが、今回はビジター2名とVC参加者1名を含め9名で大盛況でした。公時神社の鳥居を新しくする工事中でした。いつもの通り安全祈願してスタートしました。
植物の見頃はスミレでした。ナガバノスミレサイシンは麓の登山道脇に沢山咲いていました。エイザンスミレも所々見られました。しかし金時山の一番はオトメスミレです。タチツボスミレの変種で、花弁が白かかすかに紫色で距だけが紫色のこのスミレは金時山によく似合います。名前の通り乙女峠の下りで沢山見ることが出来ました。夏鳥が沢山来ていました。コマドリ、センダイムシクイ、ヤブサメ、クロツグミ等です。南の方から渡って来て直ぐに囀っているのでしょう。本日の囀りの一番はコマドリです。馬のいななきに似て高い澄んだ鳴き声は遠くに良く透ります。長尾山に向かう鞍部のササの中で囀っていました。ビロードツリアブが沢山見られましたが、本日の虫の一番はベニヒラタムシです。全体につやのある黒で翅だけが鮮やかな紅色です。体がつぶれたように平らな姿は滑稽に見えます。樹皮に潜るために平らになったのでしょう。
スミレに堪能し、夏鳥の囀りに感動し、平らな体の紅い虫に驚き、金時山の春を楽しんだ観察会でした。

金時山からの富士山
春霞のためか北岳などの南アルプスはよく見えませんでした。
富士山展望金時180412

オトメスミレ
乙女峠から乙女口の下りで沢山見ました。タチツボスミレの変種で、箱根乙女峠が基準産地です。
オトメアオイ金時180412

ナガバノスミレサイシン
公時神社から林道までの登山道脇で沢山見ました。
ナガバノスミレサイシン金時180412

エイザンスミレ
オトメスミレ、ナガバノスミレサイシンとは異なり特定の場所ではなく、登山道脇で沢山見ました。
エイザンスミレ金時180412

シュンラン
一輪が登山道脇で咲いていました。金時山では余り見かけません。
シュンラン金時180412

アセビ
今が満開です。金時山から長尾山までの稜線が見頃です。
アセビ金時180412

ミツバツチグリ
黄色い花は登山道脇ではよく目につきます。
ミツバツチグリ金時180412

マメザクラ
サクラ類は余り見かけませんでしたが、このマメザクラは良く咲いていました。麓は終わり花で頂上付近は満開でした。
マメザクラ金時180412

ニワトコ
金時山から長尾山の稜線で見かけました。ブロッコリンによく似た蕾です。食べるとお腹を壊します。
ニワトコ金時180412

アブラチャン
この花の色はミツバツチグリの黄色と違い渋い黄色です。
アブラチャン金時180412


本日のトップ10
1.ナガバノスミレサイシン(花)
2.オトメスミレ(花)
3.エイザンスミレ(花)
4.シュンラン(花)
5.ミツバツチグリ(花)
6.アセビ(花)
7.ミツバツツジ(花)
8.コマドリ(野鳥、囀り)
9.ゴジュウカラ(野鳥)
10.ベニヒラタムシ(昆虫)

箱根PV 原田
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad