FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

芦ノ湖東岸自然情報 2018年3月24日(土)

 
今日は今年度最終観察日。
日陰にはところどころ雪が残り、観察できる花は数少ないなか、今日の主役はネコノメソウの仲間たちでした。
うっかりすると見落としてしまいそうな地味な花はルーペで観察すると驚くほど綺麗です。

芦ノ湖では、カルガモがのんびりお昼寝。
湖面も早春の陽ざしにきらめいていました。




湖尻港バスターミナルの大ケヤキ
毎回、観察対象樹木です。
今日はヤドリギ観察中。
湖尻港


九頭龍神社船着き場
鳥居越しに見える湖面も何だか春めいて感じられます。
九頭龍神社船着き場180324


よ~く見ると、
枯れ葉の上でテングチョウが一休み。
テングチョウ180324東岸20180324_01


愛おしいほどに、まだまだ小さなタチツボスミレです。
日本国内どこでも見られるポピュラーなタチツボスミレでも、
今日の出会いには思わず歓声があがりました。
神山通りで今回観察できた数少ない花のひとつです。
タチツボス180324東岸20180324_01-1


こちらも、ちいさなちいさなカキドオシです。
そこは和製ハーブのカキドオシ、こんなに小さくても香りはしっかり
健在です。
カキドオシ180324東岸20180324_02


一同愕然としました。
あたり一面のアオキがこのありさまです。
シカの食害は東岸でも急速に進んでいます。
対策が急がれます。
アオキ鹿食害20180324_03


 TOP10
 ハルトラノオ
 ハナネコノメ
 ムカゴネコノメソウ
 タチツボスミレ
 セントウソウ
 ハコネイトスゲ
 ウメノキゴケ
 テングチョウ
 カルガモ
 アカハナワラビ

 (PV藤城)

 
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad