FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

3月15日芦ノ湖西岸

3月15日芦ノ湖西岸
PV11名、ビジター1名の合計12名と、西岸コースには珍しく大所帯での自然情報収集となった。
出発の富士山
散策

箱根町港9:15に多数のオオバンたちに見送られて出発。
DSC_3129_20180320202050a92.jpg



ウグイスの鳴き声に迎えられ、アセビの花、ビロードツリアブ、花盛りのオニシバリ、ちょこんと顔を出していたフキノトウ、ヤマガラやシジュウカラは楽しそうに囀っており、春の訪れを感じながら、15:05キャンプ村に到着。
お昼ごろから曇ってきたのがちょっと残念でした。

DSC_31680_2018032021035843b.jpg


以下画像で。

子犬のような鳴き声が可愛らしいオオバン

DSC_3128_20180320202049568.jpg


ムササビの食痕
斜めに切り口が鋭いところが特徴です。

musasabi_2018032021035988d.jpg




血は吸わないのに赤いナミケダニ
恥ずかしがり屋さんなのでしょう
DSC_31670.jpg



穂が猫の尾のような、ネコヤナギ
触ると気持ちいいです。
nekkoyanagiii.jpg
ネコヤナギ


オニシバリ

雄花は荘厳な感じ

onisibariii_20180320212146487.jpg


稀に面白いお花もあったりします。

onisibarii_20180320212145c96.jpg


雌花は控えめに感じますね。

onisibari_20180320212144db1.jpg


雌花の方が雄花より後に咲くのは、
「女の子は男の子のことを待っているんだよ~」

そして・・・

「あなたのことを受け止めてあげます」

ってことだと思っています。

春一番を知らせる、ビロードツリアブ
>ビロードツリアブ2



同じく春の訪れを知らせるフキノトウも可愛らしい

hukinotou.jpg


フォッサマグナ地域特産のオトメアオイ
オトメアオイ-1
オトメアオイ


つぼみがふっくらな、ダンコウバイ(壇香梅)ロウバイ科

ダンコウバイ


シュンラン。
シュンランの蕾


緑の花がチャーミングな、ヤマネコノメソウ
ネコノメソウ


フデリンドウ

フデリンドウの蕾

去年は咲いていました。
比較写真 昨年のフデリンドウの花 syou


後半はミツマタが見ごろでした。
うらやましいネーミングですね。

mitumata_20180320204211aad.jpg


湖尻水門ではホオジロが出迎えに来てくれていました。

ホオジロ

アセビもきれい
毒草ですが、昔は牛馬の皮膚病の薬として使われていたとのこと。

アセビ


相変わらずテンの糞は多く目立ちました。
朝ドラの方ではないと思いますよ…

テンノ糞




トップ10
1シュンラン
2ネコヤナギ
3ヤマネコノメソウ
4ミツマタ
5フデリンドウ
6キブシ
7オニシバリ
8ハンノキ
9ヤドリギ
10ダンコウバイ


箱根PV 段

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hakonepv2015.blog.fc2.com/tb.php/206-3ec32d37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad