FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2018年2月9日

この冬は記録的な寒さが続いています。ビジターセンター周辺にもかなりの残雪が見られ、観察路は所々で凍結しています。ビジターさん10名に参加いただき、パークボランティア17名、合計27名のミニ観察会を開催しました。

本日のテーマは「自然に関わる決まり事 その1」です。箱根で身近な自然がどうやってしっかり守られているかの決まり事である「自然公園法」を取り上げ、前半は館内でレクチャーをおこないました。
穏やかに晴れて観察会日和となったので、後半は安全なコースを選んで歩き厳しい寒さの中頑張っている生き物たちの様子を観察しました。

雪上に散らかっていたものは何でしょうか?そこから上を見上げるとヤマザクラの木がありました。ウソが桜の花芽を食べた食痕です。
ウソの食痕 VC180209

今年は雪があまりに多く、動物たちも移動できなくなり、雪上の足跡が多く見られません。
これはタヌキの足跡です。時間がたって分かりにくいですが4つの穴とツメの跡があります。
タヌキの足跡 VC180209

このタヌキの足跡はタヌキの巣穴に続いていました。
タヌキの巣穴 VC180209

どちらかは断定できませんが、リスか鳥の足跡がありました。
鳥かリスの足跡 VC180209

キジの足跡も見られます。
キジの足跡 VC180209

雪が溶けたところには植物が元気に顔を出しています。シロヨメナのロゼットです。
シロヨメナのロゼット VC180209

雪上のノウサギの足跡を追っていくと雪が溶けたところにフンがありました。ノウサギが活動している証拠です。
ノウサギのフン VC180209

スイカズラは別名「忍冬」とも呼ばれ、寒い冬にも葉を残し葉を縮めて冬を越します。
スイカズラ VC180209

箱根で春一番に咲くのはアセビやオニシバリですが、ケヤマハンノキも春先に最初に咲く植物です。
雄花がたくさん咲いていました。
ケヤマハンノキ VC180209

箱根の厳しい冬にも動物や植物たちはそれぞれに知恵を絞って越冬・活動をしています。本日はそんな様子の一端を観察しました。

本日のトップ10
1.  雪上の足跡(キジ・タヌキ・ノウサギ・など)
2.  雪上の食痕(ウソが食べた花芽など)
3.  スイカズラ、ノキシノブ、ヒメノキシノブ(葉を縮めて冬を越す様子)
4.  ケヤマハンノキ(雄花)
5.  タヌキの巣穴(雪上の足跡で判明)
6.  シロヨメナ(ロゼット)
7.  ウソ(採餌)
8.  ジョウビタキ(採餌)
9.  トラツグミ(採餌)
10. ルリビタキ(採餌)

箱根PV 高橋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad