箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

【仙石原】2018年02月10日(土)の観察記

 パークボランティア8人での観察です。

 雪は日なたは溶けているところが多いですが、日陰は10センチ程度残っています。

 また、凍結している箇所もあるため、靴に装着する簡易スパイクを持っていった方が良いでしょう。

 植物で観察するものはあまりありませんでしたが、多くの鳥を観察できました。具体的には、トビ、ツグミ、キジ、エナガ、ウソ、シジュウカラ、カケス、アオサギ、メジロ、ソウシチョウなどです。

 仙石原の片平地区では、木の伐採作業が行われていました。作業用の車が行き来していますので、ご注意ください。

 温湯(ぬくゆ)の水温は20度、外気温は7度でした。



▼雪道1
雪道1




▼雪道2
雪道2




▼ミツマタ
ミツマタ




▼ヒイラギナンテン
ヒイラギナンテン




▼コボタンヅル
コボタンヅル




▼木の伐採
木の伐採




<参考>
観察しやすいベスト 10

1 雪道。
2 ミツマタのつぼみ。
3 ヒイラギナンテンのつぼみ。
4 コボタンヅルの種。
5 ウソ。
6 ミズキの冬芽。
7 エナガの群れ。
8 木の伐採。
9 なし。
10 なし。




<関連情報>
 ・仙石原コースの記事一覧
 ・仙石原コースのご案内(箱根ビジターセンターのWebサイトに別ウィンドウでリンクします)



箱根PV 仙石原担当 M.S
スポンサーサイト

FC2Ad