箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2018年1月26日

 マイナス4℃の寒さに、四日前の雪が残り、寒い寒い中、ビジターさん5名に参加いただき、パークボランティア8名、合計13名でスタートしました。本日のテーマは「VC周辺で見られる薬用植物と季節の鳥たち」です。
 VC周辺の主な薬用植物としてアセビ、シキミ、オニシバリ、クロモジあります。アセビは神経を麻痺する成分、シキミは果実が猛毒ですが、毒は毒をもって制すで、薬用になっています。現在猛流行のインフルエンザの治療薬タミフルの化学合成原料になっています。この時期の野鳥はウソです。ニシキウツギの実を啄んでいました。また、アセビの蕾を啄んでいました。ウソは食べても大丈夫なのでしょう。不思議です。不思議、分からないことが自然界に多いのです。この不思議、分からないことを見つけるのも観察会の楽しさでしょう。

雪景色
雪を踏みしめての観察でした。
雪景色VC周辺180126

アセビ
箱根山中に多く自生し、ほのかに香る白くて小さい壺型の花をつける。牛馬の皮膚病きせいちゅうの駆除、農作物の殺虫剤の原料になる。
アセビVC周辺180126

クロモジ
樹皮に芳香があるため皮付きのまま割って爪楊枝にする。根皮は急性胃腸カタルや脚気に効き目があるとされている。
クロモジ冬芽VC周辺180126

ヤドリギ
白百合台のヤドリギです。年々少なくなっているような気がします。
ヤドリギVC周辺180126

ウソ
鷽替え神事が太宰府天満宮では正月7日、亀戸天神社では1月24,25日に行われています。嘘替えは知らず知らずのうちについた全ての嘘を天神さまの誠心に替え、また、これまでの悪いことを嘘にして今年の吉に取り替えるという。
ウソVC周辺180126

アオキの食痕
ヒヨドリが食べようとしてつけた嘴の痕です。アオキの横を嘴で掴んでもぎ取り、上に放り投げて食べるとか。
アオキのヒヨドリ食痕VC周辺180126

アオキミフクレフシ(虫こぶ)
ぶつぶつがあるのが虫こぶです。果実全体を赤くならないようにしている様です。赤くなると鳥に食べられるのを防ぐ工夫でしょう。
アオキミフクレフシVC周辺180126

本日のトップ10
1.雪景色
2.アゼビ         蕾
3.クロモジ        冬芽
4.アオキ         果実
5.アオツヅラフジ    果実
6.アオキミフクレフシ  虫こぶ
7.イヌツゲメタマフシ  虫こぶ
8.ウソ           野鳥
9.アオジ         野鳥
10.ツグミ         野鳥

箱根PV 原田
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad