FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2018年1月11日

 今年初めの金時山自然情報は風もない快晴でしたが、寒かったです。登山道の両側には霜柱があり、金時宿り石のしめ縄には氷柱が垂れ下がっていました。人工林を抜けて自然林になった所に2年前に風で倒れたイヌツゲがあります。倒木から新しい枝(崩芽枝)が出ていました。子孫を残そうとする生命力には驚きです。山頂に着くと雪を抱いた富士山と甲斐駒ヶ岳などの南アルプスが見えました。この時期は空気が澄んでいた遠くまで眺望出来ます。登山者も少なく静か山行が出来ます。のんびり冬の金時山に登ってみては如何でしょうか。冬期だけに見られる情景があり、新しい発見があるかも知れません。念のため、アイゼン、スパッツの持参を勧めます。

霜柱
登山道脇にありました。昼を過ぎても溶けずに残っていました。
霜柱金時180111

氷柱
宿り石のしめ縄に垂れ下がっていました。
氷柱金時180111

イヌツゲの崩芽枝(ほうがし)
2年前に風で倒れたものです。新しい枝が出ていました。生命力には驚きです。
イヌツゲ金時180111

ツルリンドウ
実はもうありませんが、緑の葉は目立ちます。
ツルリンドウ金時180111

ツルシキミ
赤い実は目立ちます。毒があると言うのに実が少しありません。誰が持って行ったのでしょうか?
ツルシキミ金時180111

オニシバリ
蕾がありました。もうじき咲きそうです。
オニシバリ金時180111

ウラハグサ
頂上付近にあります。日本特産です。学名のHakonechloa は「箱根産の草」です。箱根で見られることによります。写真の葉は冬のため枯れた状態ですが、普段は緑色です。
ウラハグサ金時180111

ブナの冬芽
登山道近くに低く張り出していたのでよく見ることが出来ました。披針形で、先は鋭くとがり、本年枝と2年枝の境にはっきりし
た輪状の芽鱗痕があります。
ブナ冬芽金時180111

キヨスミミツバツツジの冬芽
金時山から長尾山までの稜線で見ることが出来ます。キヨスミは千葉県の清澄山による。ミツバツツジの冬芽より赤く鮮やかに見えます。
キヨスミミツバツツジ金時180111

ゴジュウカラ
箱根ではあまり見れなくなった野鳥です。ブナの木を逆さまになったりして歩いて、何かを啄んでいました。何を啄んでいるか遠くでしたので分かりませんでした。
ゴジュウカラ金時180111

本日のトップ10
1.登山道脇の霜柱
2.イヌツゲ              崩芽枝
3.ウラハグサ
4.ヤドリギ               果実
5.ツルシキミ             果実
6.ツルリンドウ           緑の葉
7.オニシバリ            蕾
8.ブナの冬芽
9.キヨスミミツバツツジの冬芽

箱根PV 原田

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad