FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

【仙石原】2018年01月13日(土)の観察記

 パークボランティア7人での観察です。

 快晴で風が弱く、思ったほど寒くない中での観察となりました。

 霜柱は日陰で6センチほどに成長しています。ただし、歩道の大部分は乾いていたため、歩く分には支障ありません。

 半日陰の山林で、ヒイラギナンテンが紅葉していますが、「常緑なのになぜ紅葉するのか」ということで、話が盛り上がりました。ちなみに葉の裏面は、緑色のままです。

 温湯(ぬくゆ)の水温は20度、外気温は3度でした。




▼霜柱
P1310786.jpg



▼ヒイラギナンテン
P1310774.jpg



▼水たまり。凍っています。
P1310761.jpg



▼クロモジ
P1310778.jpg



▼ミツマタ
P1310793.jpg



▼サルトリイバラ
P1310773.jpg



▼ツルシキミ
P1310763.jpg



▼雨水による路面洗掘。ひと月前と同じ状態です。
P1310792.jpg




<参考>
観察しやすいベスト 10

1 ミズキの冬芽。
2 霜柱。
3 ヒイラギナンテンの赤色。
4 キジ。
5 ウソ。
6 水たまりの凍結。
7 鳥の混群(シジュウカラ、ヤマガラ、エナガの混群)。
8 クロモジの冬芽。
9 ミツマタのつぼみ。
10 サルトリイバラの実。




<関連情報>
 ・仙石原コースの記事一覧
 ・仙石原コースのご案内(箱根ビジターセンターのWebサイトに別ウィンドウでリンクします)



箱根PV 仙石原担当 M.S



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する