箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2018年1月12日

2018年最初のミニ観察会は、ビジターさん12名に参加いただき、パークボランティア12名、合計24名での開催です。快晴なのに温度-3℃、とても寒いです!本日のテーマは「冬芽を楽しもう」です。
冬芽は春に再び芽吹き活動を開始するため、厳しい冬を乗り切る「命のカプセル」です。

冬芽は寒さから身を守るためにいろいろな工夫をしています。
冬芽の典型的な形は芽鱗(鱗片)に覆われて寒さにも乾きにも耐えれるようになっています。

クロモジは長い水滴形の葉芽が3~4枚の芽鱗に包まれています。花芽は葉芽の横につきタマネギ形です。
クロモジ VC180112

春に紅紫色の花を咲かせるミツバツツジも、ツルツルしたコートのような何枚もの芽鱗に包まれ春を待っています。
ミツバツツジ VC180112

冬芽の中には芽鱗を持たないものがあり裸芽と言います。
アジサイの頂芽は裸芽で幼い葉がむき出しです。その葉脈が見えます。
サンタクロースのように見えませんか?
アジサイ VC180112

ムラサキシキブも裸芽で2枚の葉が向き合います。粉のようなたくさんの短毛で覆われています。
ムラサキシキブ VC180112

ノリウツギの冬芽は特徴あるとぼけた顔に見えます。顔に見えるところは葉痕(葉が落ちたあと)です。
ノリウツギ VC180112

キハダの側芽と葉痕はピエロの顔に見えませんか。
キハダ VC180112

とてもとても寒い中の観察会でしたが、冬の静かな園地の中、15種類以上のいろいろな冬芽の観察をじっくり楽しみました。
観察途中の花の広場で、キジのオス2羽がゆっくりと歩いていました。

本日のトップ10
1.  コブシ  冬芽
2.  トチノキ  冬芽
3.  ホオノキ  冬芽
4.  アブラチャン  冬芽
5.  アジサイ  冬芽
6.  エゴノキ  冬芽
7.  ケヤキ  冬芽
8.  クワコの繭
9.  キジ  野鳥
10. 霜柱

箱根PV 高橋

  
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad