FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2017年12月22日

本日は冬至、晴れて気持ちのいい冬の箱根です。ビジターさん16名、パークボランティア12名、合計28名のミニ観察会です。本日のテーマは「タネの不思議」です。
植物は動けないので、タネで移動して生きる場所を広げます。旅するタネです。今の季節に見られる様々なタネを観察しました。

タネの移動する方法はさまざまです。
代表的な飛ぶタネ(風散布)のひとつ、オオモミジのタネです。プロペラ状のタネの表面をルーペで観察するとトンボの羽根と同じようにスジが見えます。気流を整えて遠くに飛ばすための工夫です。
オオモミジ VC171222

ヤマノイモです。3枚の陵(翼)があり、外側はざらざら内側はつるつるになっていて、タネが滑り出しやすいようになっています。
ヤマノイモ VC171222

ヤマノイモの種はプロペラではなく丸い円盤状です。無風でも円盤がゆっくりと弧を描いてグライダーのように飛んでいきます。
ヤマノイモの種 VC171222

オニドコロは高い所までよじ登っているのでプロペラ状のタネで高速回転しながら風で運ばれていきます。
オニドコロ1

駐車場横のトイレ洗面所には鳥の糞が飛散していました。よく見るとツルウメモドキなどのタネ(被食散布)が見られます。寒さのためジョウビタキが建物に入ってきたようです。
ジョウビタキの糞 VC171222

ウツギの果実は湯呑み茶碗に箸3本です。茶碗の形の果皮が外側に広がって種を飛ばします。種は約1mmで両端に膜状の翼があります。
ウツギ VC171222

アオツヅラフジの実がまだ残っていました。中にはアンモナイトそっくりのタネが入っています。これも鳥に食べられて運ばれます。
アオツヅラフジ VC171222

イノコヅチは動物に付着するひっつきむし(付着散布)です。手袋で触ったらすぐにひっつきました。尖った形のヘヤピンが見えるでしょうか。
イノコヅチ VC171222

本日のトップ10
1.  ヤマノイモ  果実
2.  オニドコロ  果実
3.  ススキ  果実
4.  ウツギ  果実
5.  アオツヅラフジ  果実
6.  キハダ  果実、冬芽
7.  ツルウメモドキ  果実
8.  トチノキ  冬芽
9.  ジョウビタキ  野鳥
10. ジョウビタキの寝ぐら(トイレ)

箱根PV 高橋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad