箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

芦ノ湖東岸自然情報コース 2017年9月23日

 9月下旬ともなると、芦の湖東岸はそろそろ秋いろに染まり始めます。
観察する花も少なくなりつつありますが、色づき始めた木の葉や
木の実を観察する楽しみが増えてきます。
 そんな中で、アザミ類、ツルニンジン、桃源台のツリガネニンジンや
坊が沢のツリフネソウの群落が目をひきました。
 ノギク類ではノコンギク、シロヨメナ、シラヤマギクが元気です。
リュウノウギクの蕾が膨らんでいます。




ツリフネソウ(ツリフネソウ科)
細い花柄の先に釣り下がって咲く花の姿を釣舟に見立てたのが名の
由来です。熟した果実に触ると果皮がパッと開いてはじけ飛ぶのは、
ホウセンカの仲間のしるしですね。
ツリフネソウ 東岸9月

ツルニンジン(キキョウ科)です。
別名ジイソブ(爺ソブ)はバアソブ(婆ソブ)に対しての呼び名です。
バアソブはジイソブにくらべ、やや小さく全体に白い毛が散生しています。
残念ながら、バアソブは箱根では見たことがありません。
ツルニンジン

ホトトギス(ユリ科)
花の斑点を鳥のホトトギスの胸の斑点に見立てています。
ホトトギス 東岸9月

ヤマトシリアゲ(シリアゲムシ科)
尾がひょこんとあがっているのが名前の由来です。
オスの腹部にハサミがあり、雌雄ともに腹を上に反らします。
シリアゲムシ類では交尾時にオスがメスにプレゼントする
「婚姻贈呈」が知られています。
ヤマトシリアゲ  東岸9月

レモンエゴマ(シソ科)
エゴマに似てレモンの香りがする事が名前の由来です。
花穂はシソに似ています。
レモンエゴマ 東岸9月

マルバフジバカマ(キク科)
外来種です。
昭和初期に箱根で見つかり現在では各地に拡大しています。
とても丈夫で、在来種への影響が心配されています。
マルバフジバカマ 東岸9月

フユノハナワラビ(ハナヤスリ科)
アカハナワラビ、ウスイハナワラビ、アカネワラビ、オオハナワラビ、
ナツノハナワラビ等のハナワラビの仲間が箱根で見られます。
雑種もできやすくて同定しにくい植物と言われます。
ハナワラビSP 東岸9月

テバコモミジガサ(キク科)
仲間のミジガサより全体に小ぶりです。
高知県の手箱山で最初に発見されたのが名の由来です。
テバコモミジガサ 東岸9月

«本日のトップ10»
 ツルニンジン
 ツリフネソウ
 ホトトギス
 シュウブンソウ
 ツリガネニンジン
 レモンエゴマ
 ヒメキンミズヒキ
 ミズヒキ
 ヒメドコロの果実
 ツリバナの果実

(箱根PV藤城)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad