箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2017年10月13日

昨日までの夏のような暑さから一転、今日は雨の寒い一日です。1か月前に花を観察したつる性植物は、もう沢山の実をつけています。本日のテーマは「つる性植物を観察する(つづき)」です。ビジターさん2名、パークボランティア12名、合計14名のミニ観察会です。

つる性植物は自力では立てないので、いろいろな知恵を使い、さまざな手段を使って伸びていく植物です。
スイカズラは、つるで巻き付いて伸びていきます。緑色の実はやがて熟して黒くなります。
スイカズラ VC171013

コボタンヅルは葉柄で巻き付いて伸びていきます。花はもう果実になっていました。
コボタンヅル VC171013

ビジターセンターから道路を横断したところに大きなケヤキがあります。毎年この木の紅葉が楽しみです。
ケヤキ VC171013

自然学習路ではサンカクヅルの実が雨に濡れて黒く美しいです。
サンカクヅル2 VC171013

葉も緑の中に紅葉が目立ちとても美しいです!
サンカクヅル4 VC171013

イワガラミは付着根を出して他の木によじ登ります。
イワガラミ VC171013

サラシナショウマはまだ花をつけていました。
サラシナショウマ VC171013

ムラサキシキブが紫色の小さな実を付け始めています。
ムラサキシキブ VC171013

今年もヤマボウシの実が豊作です。葉も一部紅葉し始めています。
ヤマボウシ VC171013

本日のトップ10
1.  アカネ  果実
2.  ヤブマメ  果実
3.  スイカズラ  果実
4.  ヘクソカズラ  果実
5.  ツタウルシ 幼木の紅葉
6.  サンカクヅル  果実と紅葉
7.  サラシナショウマ  花
8.  ヤマボウシ  果実と紅葉
9.  キジ  家族(雄、雌、子)
10. アカネツボミフクレフシ  虫えい(虫こぶ)

箱根PV 高橋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad