FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2017年10月2日

 観察日は毎月第2木曜日ですが、今月は本日実施しました。箱根地域自然に親しむ運動「金時山自然探勝登山」が10月6日(金)に実施されます。主催者は箱根町ですが、ガイドを箱根パークボランティに依頼されました。その下見を兼ねて自然収集を行いました。我々PV4名に加えて箱根町役場の方2名の6名でスタートしました。
 公時神社に安全祈願して出発、間もなくアオキやタマアジサイにシカの食痕がありました。見るたびに食痕が多くなったような気がします。人工林を抜け、芦ノ湖とゴルフ場を見ながら登り、分岐手前からの登山道ではウメバチソウ、トリカブト、ホトトギスなどの花々が見ごろでした。金時山頂上からの富士山は雲がかかり山頂のみを見ることができました。御殿場の富士山展望台では前面の雑木林が伐採され展望がよくなり、裾野から雄大な展望が見られました。
 今日は箱根町の方と下見を兼ねての自然情報でしたが、和気藹々と楽しい観察会でした。

キントキシロヨメナ
名前に金時がついています。金時山の麓から稜線で見られました。シロヨメナの変種。小型で直立し、葉が茎の下に集まり、茎
に開出毛が多いのが特長とされています。
キントキシロヨメナ金時171003

アキノキリンソウ
登山道脇で沢山咲いていました。黄色で小さな花は可憐に感じます。別名はアワダチソウ、花が泡立つように
咲くというところからきている様です。
アキノキリンソウ金時171002

サラシナショウマ
麓で沢山咲いていました。瓶を掃除するブラシのように見えます。名前の由来は若い葉をゆで、水にさらして食用にしたことによると言われています。
サラシナショウマ金時171002

ウメバチソウ
分岐点周辺で満開でした。アリが吸蜜していました。蜜は雄しべの奥の方にあるので小さな虫に蜜を与えて花粉を運ばせると思われます。名前の由来は花の形が紋章のひとつの梅鉢に似ているからと言われています。
ウメバチソウ金時171002

トモエシオガマ
分岐点を過ぎた登山道脇で見かけました。巴の形の淡い紫色の花はなんとも言えないです。シオガマギクの変種。名前の由来は花の付き方が「巴」の形に見えるからと言われています。
トモエシオガマ金時171003

キントキヒゴタイ
長尾山からの下りで見かけました。アザミに似ていますが、総苞は鐘形で総苞片は先がとがり反り返っています。名前は産地の
金時山に由来しています。
キントキヒゴタイ金時171002

ヤマトリカブト
分岐点付近の登山道脇に1輪咲いていました。蕾みが沢山ありましたのでこれからが見頃です。関東地方の特産種です。名前の由来は花の形が舞楽の襲装束に用いる「鳥兜(とりかぶと)」に似ていることからと言われています。
ヤマトリカブト金時171002

ヤマボウシ
登山道脇に沢山ありました。実が赤くなり始めていました。もうじき、赤くなりテンなどの動物や野鳥の腹を満たすでしょう。
ヤマボウシ金時171002

ヒメオオクワガタ
金時山のブナが生えている近くの登山道を歩いていました。800m以上の山地性のクワガタです。ブナの立ち枯れに幼虫が入るので、ブナがある場所が好きです。メスであればしばしば道を歩いているのですが、オスは中々出会えません。ラッキーでした。
ヒメオオクワガタ金時171002

本日のトップ10
1..キントキヒゴタイ     満開
2.アキノキリンソウ     満開
3.サラシナショウマ    満開
4.ウメバチソウ       満開
5.ホトトギス         花
6..トモエシオガマ     花
7.キントキヒゴタイ 花
8.ノコンギク         花
9.ヤマトリカブト      花
10.ヤマボウシ       果実

箱根PV 原田





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad