FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

大涌谷(姥子往復) 2017年9月16日(土) 

大型の台風が日本列島に接近する予報の中、午前中だけは曇り空のもとでと祈っていましたが、小雨模様の中での観察会となりました。大涌谷へ向かうロープウェイや芦ノ湖に浮かぶ海賊船が霧の中に見え隠れして、いつもの箱根と違いを楽しんだ一日でした。

姥子駅近くの船見岩周辺の草地では、数種類の秋を代表する花が見られます。
サワヒヨドリ(キク科)が数多く咲いていました。アサギマダラが好きな花の一つです。
サワヒヨドリ大涌谷

ワレモコウ(キク科)が咲いています。花名にはいくつかの説があり、一見花が咲いているように見えないので、「吾もまた紅(あか)なり」からワレモコウがあります。
ワレモコウ大涌谷

オミナエシ(オミナエシ科)が黄色の綺麗な花をつけています。花名は、美しい女性の意味「おみな」から来た説と、花の色が粟や稗(ひえ)を食べていた女性「オンナメシ」から来た説があります。
オミナエシ大涌谷

ミツバアケビ(アケビ科)の実が垂れさっがていました。今年は実付きが良いようです。
ミツバアケビ大涌谷

こちらはミツバウツギ(ミツバウツギ科)の実です。花がウツギ(ユキノシタ科)に似て、葉が3枚です。
ミツバウツギ大涌谷

ノブキ(キク科)は、花と実を同時に見られます。種はくっつき虫です。
ノブキ大涌谷

春先の花が目立つキブシ(キブシ科)の実です。染料として利用されています。
キブシ大涌谷

ウド(ウコギ科)は秋に花を咲かせます。春先の山菜に利用されます。
ウド大涌谷

こちらも山菜になるタラ(ウコギ科)です。棘(トゲ)が目立ちます。
タラ大涌谷



PV青山(も)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad