FC2ブログ

箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

湯坂路自然情報コース 2017年8月7日(月)

 台風の影響が心配されていましたがいつものメンバー8名に加え8期生3名、ビジター2名と今回は参加者が多くもっとゆっくり観察しながら歩くことが出来たら良かったのですが、今にも降り出しそうな雲行きに急ぎ足になりました。鷹巣山で一休みしていると雨が降り出しましたが足元を注意しながら千条の滝まで歩くことにしました。頑張った甲斐があったのか千条の滝前のベンチで昼食となりました。
 ここでトップ10を話し合っていると本格的に雨が降り出しました。


シシウド (セリ科 シシウド属)
湯坂路の草原ではこの大型のシシウドが圧倒的に沢山見られ目立ちます。
夏の草原を代表し全体に毛が見られます。
この花には沢山の昆虫が集まっているので虫たちのレストランといわれたりします。
シシウド湯坂路170807

モミジガサ (キク科 コウモリソウ属)
葉の形が大きなモミジに似ているからつけられた名前です。
湯坂路ではまとまって花をつけていましたが地下の茎で増えているようです。
モミジガサ湯坂路170807

サンカクヅル  (ブドウ科 ブドウ属)
別名のギョウジャノミズは茎を切ると樹液が出て山中で修行する行者がこの液を飲んで喉を潤したところからつけられた名前です。
葉が三角形の形から付けられたとか。新しい葉の美しい紅色が陽に映えていました。
サンカクヅル湯坂路170807

ヤマニガナ  (キク科 アキノノゲシ属)
明るい草原に見られススキの奥にこの花が目立っていました。草丈が1メートル以上もありました。
ニガナの名前はこの草の液が苦い所から付けられました。
ヤマニガナ湯坂路170807

チダケサシ  (ユキノシタ科 チダケサシ属)
花が淡紅色で円錐状に小さな花を沢山つけています。
食用になるキノコのチチタケ(チダケ)を茎にさして持ち帰ったところから付けられた名前と言われています。
チダケサシ湯坂路170807

オオナンバンギセル  (ハマウツボ科 ナンバンギセル属)
イネ科などの根に寄生しています。湯坂路ではススキの根元に毎年見られます。
地上部の茎のように見られるのは花柄でその先に大きな紅紫色の大きな花をつけます。
白い蕾が多く花はまだこれからのようでした。
オオナンバンギセル湯坂路170807

ウバユリ  (ユリ科 ウバユリ属)
茎が長く伸び花が咲くころには葉がなくなり歯がなくなった姥になぞらえてつけられた名前と言われている。
茎の上部に3~4個の白色の花を横向きに付ける。花の基部は筒状で花の内側に淡紫色の斑点がある。
尾根道より奥のほうに花が咲いていました。
この株は花が咲いているのに葉が枯れずに残っています。
ウバユリ湯坂路170807

タテヤマグキ  (キク科 シオン属)
多年草。茎は節ごとの曲がりジグザグしている。舌状花は7~8個でまばらについています。
神奈川県と静岡県に分布している。
箱根では葉が掌状に深く切れ込んでいるミモミジバタテヤマギクも見られます。
タテヤマギク湯坂路170807

ツチアケビ  (ラン科 ツチアケビ属)
落葉樹林下に生育している。葉緑素を持たない腐生植物で全体に茶色。
黄褐色の大きな花は複総状花序に付きます。
果実は下向きにつきウインナーソーセージのようです。
ツチアケビ湯坂路170807

ヘクソカズラ  (アカネ科 ヤイトバナ属)
つる植物の多年草。全体の悪臭があるのでこの名前が付けられたと言われる。
別名のサオトメバナは早乙女のかぶる笠に見立てたところから付けられた。
もう一つの別名のヤイトバナは白い花の中心部の色をお灸の後に似ているから。
ヘクソカズラ湯坂路170807




今月のトップ10
1、シシウド
2、オオナンバギセル
3、タテヤマギク
4、シモツケソウ
5、オカトラノオ
6、イヌゴマ
7、オトギリソウ
8、ジャコウアゲハ
9、アサギマダラ
10、ヨツスジハナカミキリ

箱根PV 山本絢子



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad