箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2017年8月11日

本日から三連休ですが朝からあいにくの雨です。悪天候の中参加いただいたビジターさん2名、パークボランティア7名、合計9名の少人数のミニ観察会でした。本日のテーマは「サンカクイ」と「オオシオカラトンボ」です。

環境省自然事務所横の道からスタートしました。ここは多くの植物が観察できる穴場の場所です。
コバギボウシが咲いていました。ビジターセンター周辺では今コバギボウシが見頃です。花弁の内側に濃紫色の脈があるのが特徴です。
コバギボウシ VC170811

アキノタムラソウも咲き始めました。花は輪生につき数段あります。
アキノタムラソウ VC170811

ダイコンソウが花と実をつけていました。花柱の先がS字状にカギのように曲がり、これが動物の毛などに引っ付き種子が運ばれます。
ダイコンソウ VC170811

自然学習路では多くのツル性の植物が実をつけています。
サンカクヅルはブドウのような立派な実をたくさん付けています。黒く熟すと酸味と甘みのバランスがとれて美味しいです。
サンカクヅル VC170811

サルナシも今年は豊作です。自然学習路の多くの場所で見ることができます。
サルナシ VC170811

エゴノキも立派な実を付け始めました。
エゴノキ VC170811


野鳥小屋の池では、本日のテーマのサンカクイを観察しました。茎の断面が三角でイグサに似た姿をしています。茎の先端より下に2~3個の小穂(しょうすい)をつけます。
サンカクイ VC170811

ここにオオシオカラトンボが飛来しています。なわばりを持ち他の雄が飛来するとこれを追尾して追い払います。
オオシオカラトンボ雄 VC170811

なわばりに成熟したメスが飛来すると直ちに交尾に入ります。
オオシオカラトンボ交尾 VC170811

この日は雨で残念ながらオオシオカラトンボは見られませんでした。晴れた日に雄が他の雄を追い払う様子を観察してみてください。

本日のトップ10
1.  サンカクイ  小穂
2.  オオシオカラトンボ 昆虫
3.  コボタンヅル  花
4.  コバギボウシ  花
5.  サルナシ  実
6.  ゴマギ  実
7.  サンカクヅル  実
8.  リョウブ  実
9.  キジ  野鳥
10. ノスリ 野鳥

箱根PV 高橋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad