箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

金時山自然情報 2017年7月29日

6月の定例観察日が雨で流れ、別の日を定めましたが、これも雨、7月の定例日もまたまた雨で実施できませんでした。実に2ヶ月ぶりの更新となります。夏の花が沢山見られました。ヤマユリは満開で麓から金時山の頂上にかけて沢山見られました。またヤマユリの近くにシモツケソウが咲いていて白色とピンク色が競演している場所がありました。キンレイカ、ハコネオトギリ等の黄色花も沢山咲いていました。久しぶりの金時山を楽しみました。

ヤマユリ
麓から頂上のどこでも見られました。ピンク色の花がシモツケソウでヤマユリを引き立ているように見えます。
ヤマユリ金時170729

ウスユキソウ
稜線にひっそり咲いていました。エーデルワイスによく似ています。ヨーロッパでは「アルプスの星」と呼ばれています。
ウスユキソウ金時170729

タテヤマギク
金時山頂上付近で見られました。タテヤマは北アルプスの立山でなく芦ノ湖の西方にある立山です。
タテヤマギク金時170729

ハコネオトギリ
金時山頂上付近で見られました。名は弟切草で秘薬を他人に漏らした弟を兄が怒って切ったことによる。
ハコネオトギリ金時170729

キンレイカ
稜線上で沢山見られました。この花の黄色は渋い黄色に感じます。
キンレイカ金時170729

アオヤギソウ
稜線上で沢山見られました。名前の由来は青い花の色と、葉の様子をヤナギに見立てたことによる。
アオヤギソウ金時170729

ツチアケビ
長尾山付近で見られました。麓で既に花は終わりですが、金時山は花盛りです。
ツチアケビ金時170729

ジャコウアゲハの幼虫
終齢幼虫と思われる。食草のオオバウマノスズクサの葉を食べて毒を体内に蓄積し鳥などの天敵に対して化学防衛していると言われる。
ジャコウアゲハの幼虫170729

本日のトップ10
1.ヤマユリ            満開
2.ウスユキソウ         開花
3.タテヤマギク         開花
4.シモツケソウ          開花
5.ハコネオトギリ         開花
6.キンレイカ            開花
7.アオヤギソウ          開花
8.フジアカショウマ       開花
9.ツチアケビ           開花
10,ジャコウアゲハの幼虫   終齢

箱根PV 原田
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad