箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

ミニ観察会(ビジターセンター周辺) 2017年7月28日

私達パークボランティアの夏休み活動中のミニ観察会です。毎日、早朝観察会、クラフト教室、姥子自然探勝をやっています。どうぞそちらにもお出でください。本日は、ビジターさん大人13名、子供さん5名、パークボランティア11名、研修生1名、合計30名のミニ観察会でした。本日のテーマは「ネムノキ、ノリウツギ」です。

ノリウツギは枝先に円錐花序を出します。元気な茎には3輪生の葉がついています。ノリウツギのノリは”のり”ではなく和紙を漉くときの”粘剤(ネリ)”と呼ばれる分散剤のことです。
ノリウツギ VC170728

コマツナギの花です。草に見えますが樹木です。馬(コマ)をつなぎとめるという説があります。
コマツナギ VC170728

ヤマユリは箱根では多く見られますが、園地ではそれほど多くありません。日本の自生の花の中では最大級の花の大きさで、強烈な芳香で虫を集めます。
ヤマユリ VC170728

今、リョウブの花が目立ちます。夏には白い花が多いですね。
リョウブ VC170728

もう一つの本日のテーマ、ネムノキです。葉が夕方になると眠ったように閉じます。雄しべの花糸が長く美しくなって蜜のほのかな匂いとともに虫を呼ぶ役割を果たしています。花粉の媒介者はホバリングできるスズメガの仲間です。
ネムノキ VC170728

オカトラノオにアサギマダラが来ていました。
アサギマダラ VC170728

ビジターセンター周辺園地では今草刈りが行われています。ウバユリはしっかりと刈られずに残って咲き始めていました。花を包んでいる総苞は上を向き、花は横を向き、実は上を向きます。
ウバユリ VC170728

参加した子供さんたちは、パークボランティアの昆虫に詳しいメンバーと一緒に昆虫採集・観察を楽しみました。

本日のトップ10
1.  ネムノキ
2.  ノリウツギ
3.  ウバユリ
4.  コマツナギ
5.  ヤマユリ
6.  リョウブ
7.  アサギマダラ  昆虫
8.  キマワリ  昆虫
9.  ミヤマカラスアゲハ  昆虫  
10. ヘクソカズラツボミマルフシ  虫こぶ

箱根PV 高橋
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad