箱根の四季

箱根パークボランティアによる箱根の最新自然情報をお届けします

芦ノ湖東岸自然情報コース 2017年7月22日

今月の東岸実施日は、私達PVの夏休み活動準備日とぶつかってしまい
ました。そんな訳で、担当の私は自然情報に参加せず、お仲間が駒ヶ岳
で汗を流していた頃私はVCで汗を流していました。

今回、ブログにのせている駒ヶ岳での3枚の写真は当日参加なさった
 Y 先輩が撮影して下さったものです。
私は、VCでの活動終了後に湖尻周辺を撮影しました。
今月は湖尻周辺の写真を中心にお送りします。



ヤマユリ(ユリ科)です。
細い茎に花をひとつだけ咲かせていました。
一本でもあたり一面に香しい香りが漂っていました。
ヤマユリ



ナワシロイチゴ(バラ科)の果実です。
草のようにみえますがれっきとした樹木です。
淡紅紫色の花は特長がありますが、果実は真っ赤です。
ナワシロイチゴの果実



トウゴクサバノオです。
何度もチャレンジしましたが撮れなかった「サバノオ」の撮影に
成功しました。
でも、撮影地は残念ながら箱根ではなく他地区です。
トウゴクサバノオのサバノオ



タマアジサイ(アジサイ科)です。
東岸にはタマアジサイが多く生育しています。
蕾が膨らんでいるものが多かったものの、今日は一輪のみ開花を
確認しました。
タマアジサイ



コバギボウシ(キジカクシ科)です。
和名は小型のギボウシの意味です。
花は淡紫色で紫いろの筋がはいります。
まだ、蕾なので判り難いですね。
コバギボウシ



キカラスウリ(ウリ科)の雄花です。
果実は約10㎝で黄色く熟します。
キカラスウリ



ネムノキ(マメ科)です。
芦ノ湖畔で撮影しました。。
夜になると葉は垂れ下がり、小葉が閉じて眠っているように見えます。
(就眠活動)
ネムノキ



オトギリソウ(オトギリソウ科)です。
名前は、この草を鷹の傷を治す秘薬としていた鷹飼いが、
その秘密をもらした弟を斬ったという伝説によります。
オトギリソウ



イヌゴマ(シソ科)です。
湿地に生えることが多いようです。
湖尻三叉路と湖尻湖畔に群生していました。
とても可愛いイヌゴマの群落です。
イヌゴマ



ヘラオオバコ(オオバコ科)です。
長い雄しべがよくめだちますね。
湖尻三叉路に群生していました。私は箱根地区で初見です。
ヘラオオバコ



ここからは駒ヶ岳の植物です。

フジアカショウマ(ユキノシタ科)です。
アカショウマの変種でアカショウマより小型です。
フォッサマグナ要素の植物です。
フジアカショウマ



キリンソウ(ベンケイソウ科)です。
黄色い花が輪状に咲くから黄輪草です。
キリンソウ



最後の1枚はハコネコメツツジ(ツツジ科)です。
駒ヶ岳や金時山、二子山など、風衝草原や岩場に生えます。
盗掘などで数を減らしており大事にしたい植物です。
ハコネコメツツジ


≪今月のトップ10»
リョウブ、ノギラン、キリンソウ、ハコネコメツツジ、イワタバコ、
ハコネハナヒリノキ、ヒメドコロ、フジアカショウマ、クサアジサイ、
タマアジサイ

(担当 藤城)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad